インレタ(マックスラボ)トップへ トッップへアドマのロゴ

一部を抜粋しこれだけをまとめました



■よくある間違い■

●作業工程の流れ…これをチョット頭に入れておいていただけると助かります。


インレタ・マックスラボの版下原稿 インレタ・マックスラボのネガフィルム インレタ・マックスラボの完成図
版下原稿
はんした と読みます
ネガフィルム
(アドマで作ります)
マックスラボ
(オリジナルインレタ)


版下原稿
マックスラボ(インレタ)のサイズの中に、必要な大きさの文字や図柄を必要な数だけ並べます。
ネガフィルムを作るために白地に黒で作ります。この黒の文字・図柄が転写する画像となります。
※たとえ白い文字のインレタが必要な時でも、文字は黒で作り、色指定で白に、と指定をします。

有効画像サイズ
文字画像が写るインレタ制作可能範囲ですのでギリギリまで使用できます。
1〜2mmの空きがあれば制作は可能ですが、回り3mm程の空き(余白)があると嬉しいです。

ネガフィルム
版下原稿を元に弊社アドマでネガフィルムを作ります。マックスラボ(インレタ)の原版として何回でも使えます。 同じネガフィルムから、別な色のマックスラボ(インレタ)を作ることもできます。

マックスラボ(インレタ)の色指定
マックスラボ(インレタ)の文字や図柄の色は、マックスラボカラーチャートの色で、色を指定します。

多色刷はできません。
1インレタシート1色となります。1枚のインレタシートに多数の色を混在させて作る事はできません。

トランスファーカラー細くて長い線の限界
マックスラボ(インレタ)の場合、細くて長い線は0.108mmもしくは0.283ポイントが限界で現像する時に
インレタの線が溶けて流れて文字にくっいて止まります。ゴミだらけの文字ができあがるのです。
限界より少し余裕をもって、0.3ポイント以上で作っていただけるようお願いいたします。
※明朝系の文字のように横棒が細くても短い線は、意外と大丈夫です。
日とか田の文字は絡み合っていますが、一二三の文字は繋がりがなく多少危うくなります。
平成明朝やMS明朝の6ポイントでも何とかなると思いますが、転写インレタゆえに限界があります。
●スリ銀スリ金は銀粉金粉を混ぜる事により色を表現しています。粒子が粗くザラザラ感があります。
一般的なトランスファーに比べ解像度が落ちます。ザラザラ感が残り細くて長い線の限界を超えます。
●また、メタリックフォイルカラーはアルミ蒸着でピカピカを表現しています。通常の現像処理の後に、
アルミを溶かすエッチング作業が加わります。二度作業となり細くて長い線の限界を超えます。

ご注意
●版下原稿を赤や黄色のカラーで作ってある場合があります。申しわけありませんがマックスラボの
色は、色指定でお願いいたします。 ネガフィルムを撮る時に、ぼやけてしまい鮮明に写りません。
たとえ白い文字が必要な場合でも、黒で作り、T180-白のように色指定をお願いいたします。

無料のフリーソフトを使って原稿をお作りになった場合、不具合が発生する場合があります。
文字が埋め込みにならない場合や、突然一部の文字が消える場合があるのです。
ご注文時には、ご使用のフリーソフト名を必ずお知らせください。より慎重に確認をいたします。



アドマのトップページへトップページへ