髭じじーの山便り!
大 山

2006年1月29日(日)
鳥取県大山町

最近、広島県北の山に雪が降らず、雪質がイマイチに・・・ 山スキーはお休みに。
昨日の天気予報によれば、移動性高気圧が日本上空に・・ 快晴の天気が期待できそうで、大山に登る事に。
朝5時前に起きて、ネットで道路情報をチェック。広島&鳥取県境の鍵掛峠(R183号)に積雪無し。
5時30分 三原発  高速道を使わずに行くことに・・   三原市内を過ぎて、旧久井町への登り坂を走っている時に、デジカメを忘れている事に気づき、Uタウン(涙)。
6時00分 再び自宅発  遅くなったので今度は高速を使うことに・・ (福山西IC〜溝口IC 4300円 イタタ)

あれれ・・ 見えるはずの大山が見えない
      米子道蒜山SAより

なんで・・・  山頂は雲の中・・
    溝口ICから桝水へ

桝水高原スキー場を過ぎると、道路は雪面に・・・
途中スタッドレスタイヤにチェーン装着中の車の横を追い抜き、登山口大山寺に8時30分到着。

心配していた駐車場は全て満車・・
仕方なく登山口近くの、路肩が広くなっている所に、お祈りして9時過ぎに駐車・・

9時30分 準備して出発 

事前に用意していた登山届けを提出
横に居られた登山者が、備え付けの用紙に書き込みしようと用紙箱を開けると用紙無し・・「しかたない まぁー いいかぁー」・・・ 

1合目  立派な登山道(トレース)

ブナ林になると 好きなところにトレースが

元谷越に 三鈷峰とユートピア小屋が

5合目 この前でアイゼン装着

大きな落とし穴が・・・ 
重量オーバーの人が居たのかな?(笑)

三鈷峰

森林限界を抜け・・
やはり上空に雲が・・(涙)

6合目からの展望

7合沢からスキーのトレース2本
この時期に 2人のつわものが・・

大山寺方面の展望

バリエーションルート別山を登ったつわものが一人

9合目からは 強風とガスの中

ガスの中 頂上小屋が見えて来ました

小屋入口 中は真っ暗です

12時 大山山頂着

何も見えません(涙・涙・・)
ただ 風が強く 寒い・寒い・・

小屋に戻り 友人にメールを打ち 
バナナ と かしわ餅 おむすびを食べ
暖かいコーヒーを飲み
晴れるのを期待して 1時間滞在

13時 下山開始
     天候快復せず・・・ 

写真を撮影していると 上部から竜巻のように 雪煙の渦を巻ながら・・・

通り過ぎる時に 強風をまき散らして・・
雪煙を巻き上げながら 下って行きました

大山北壁     残念ながら上部は雲の中でした

ブナ林まで下山すると  春になったような・・
ポカポカ天気    スキーで滑りたいなぁー

14時15分 下山

14時35分 帰宅へ

桝水原を過ぎバックミイラーを見ると、大山山頂まで見える。皮肉にも雲が取れた・・・

道路脇で写真撮影していると、後に車が停車。
その車が、ネットでお世話になっている友人のでは?・・・
声を掛けてみると、野人さんでした。
初めてお会いして 感激!!        

国道183号線を通り広島県に帰ると
スキー所に切り取られた猫山見えてきます

道後山スキー場 その奥に岩樋山

道後山クロカンパーク内のすずらんの湯で汗を流し
18時45分 三原に帰宅

期待した 大山縦走路の展望は望めませんでしたが
たまには、山スキーを休んで、雪山歩きも良いものでした。

髭じじーの山便り!
ホームへ     足跡へ    2006年へ