髭じじーの山便り!
比婆山 御陵 西斜面 山スキー

広島県庄原市比和町
 2012年 1月15日

今シーズン最初の 山スキーへ行って来ました
吾妻山へ登る予定でしたが 御陵へ・・・  マヌケな山スキー登山になりました(笑)

吾妻山は真白だ! ウキウキ・・・

一年振りの雪道 慎重にゆっくりと 

閉鎖されたドルフィンバレースキー場も真白だ
こちらから池ノ段へ登ろうかなぁー・・・

スキー場入口へ到着
車が2台有る 一人の方が山スキーの準備をされていて
吾妻山へ向かって直ぐに出発されました

横の家では 屋根の雪下ろしをされていた
私には大雪は嬉しいが 生活するには大変だ ご苦労様です

8:50 吾妻山を目指してを出発

先行者のトレースを追って・・・
マウスを上へどうぞ  後を見ると・・・
自分のラクガキを描きたいもので・・・(笑)

カーブミラーだ 何時もの記念撮影
あらら・・・ 先行者も記念撮影されたのかな?
マウスを上へどうぞ

9:34 ここが昨年整備された比婆山古道の登山口だ
マウスを上へ  説明板です

9:45 カーブの所で先行者の方が樹林帯へ入り そして帰って来られたトレースが有った 横田別れへの分岐のような気もするが 地形図で確認すると その手前のカーブのような気もする?
尾根をチョット登ってみると急登になり やっぱり分岐手前のカーブのようだ

杉が枝打ちされている 杉林滑走も楽しめそうだし 今日は トレース無しのルートの積りだったので 地形図で確認して行先変更
比婆山古道開通直後に歩かれた グレイシャーさんや修行僧さんのレポを見ていたので 人工林の上部はブナ林が期待できる

杉林は急登です ヒーヒー・・・・
マウスを上へどうぞ このような急斜面です

バナナタイムの休憩をして急登を登り切り なだらかな所でテープ発見 テープの高さから判断して積雪時に付けたのかもしれないが 古道ルートかも?

参考図

赤線を登り 赤線から青線を滑り下りました
GPSデータでは無いので だいたいの感覚ですよ

杉林を抜けるとブナ林へ

登る予定だった吾妻山が見える
マウスを上へどうぞ 吾妻山のアップです

大きなブナだ!

良い所です ただ久し振りの山スキー登山
10歩位進むと ヒーヒー・・  広々としていて平らなように見えるが 以外と登っている(汗。。。)
またまたバナナタイムの休憩・・・ なかなか登れません

大きな岩だ 「飛越岩」
マウスを上へどうぞ 案内板です

もう少しで山頂だろう・・・

登山者だ 山勘がピッタリ! 御陵へ出たようだ

11:53〜12:37 御陵(1264m)

尾道から来られた二人の方が食事中
懐かしいポリタンの水筒を使われていて 昔から山へ登られている方のようで話が弾みました

比婆山(御陵)十合目と書かれた 柱の標識が無い
雪の下ではないと思うが 撤去されたのかなぁ?

シールを剥がし お楽しみのラクガキへ・・・

ラクガキ ラクガキ・・
気持ちいい・・・   が雪が重くて足はヨレヨレ
休んでは 足をモミモミしながら滑りました 

大きなブナの間を・・・・

杉林は滑り易くてルンルン! 滑り過ぎて登りのトレースが?? 隣の尾根へ滑り込む

車道が見えてきた あれは古道入口の看板では・・

比婆山古道入口に ピッタリ下りてきた!

車道はスート帰れると思ったが
足がガタガタ 引き攣りそうで モミモミしながら・・・

13:47 どうにか帰りました

帰りの準備をしていると 先に出発された方が帰って来られた
予定通り大膳原から吾妻山へ登られて 休暇村へ滑り下りられ 車道を滑って帰られたようだ

また 朝駐車していた車は帰られていたが HPを御覧いただいているザッパーさんだったようで 旧スキー場から立烏帽子へ登られたようだ  山スキーの世界は狭いですね

予定外の比婆山西斜面だったが 入って見ると雰囲気の良い所だった
ほどほどの傾斜があり 新雪の時はパウダースキーが楽しめそうだ
また 登りたいですね

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2012年へ