髭じじーの山便り!
恩原三国山

岡山県 旧上斎原村 & 鳥取県 県境
2006年 3月 5日 (日)

私のお気の入りの山、恩原三国山(おんばらみくにがせん)に、山スキーで登ってきました。

山頂手前の 1200m峰辺りは、真っ白な大斜面になり、どこでも好きなように遊べる素晴らしい山です!
たしか4年振り6回目では?  今までは、ほとんど天候に恵まれず、雨の日・ホワイトアウト状態の日・何時だったか、薄曇の中に端が欠けた日食の太陽を見た記憶も・・・
今回は、快晴の天気を期待して出かけました。

三原から恩原三国山へ行くには、一番早く行くには、福山西IC〜山陽道〜岡山道〜中国道〜院庄ICが早い。
調べてみると、高速走行距離138.3km ETC通勤割引が使えず 3500円 高い。
中国道 東城ICまで県道を走り、院庄ICまで中国道を走れば、距離85.3km ETC通勤割引で 1200円!
30分位時間が多く掛かりますが、もちろん東城へ・・・  ただ、新見〜北房間がなぜか制限速度60km・・不安!

朝6時15分 三原出発。  院庄IC 8時45分通過。 苫田ダムを左に見て、奥津〜上斎原を通り、恩原スキー場方面へ右折、少し先で左折して中津河集落へ。
どこまで除雪されているか・・  最後の民家からは、金曜日の雪が路面に残っていましたが、まだ車で行ける・・
岩井滝の手前約500m位まで、車で入れました。(ラッキー!)

雪道になると、リュックを担いだ人達が・・  駐車地点に着くと、「全国河川遡行クラブ?」の方達で、吉井川の河口から源流を訪ねて、岩井滝まで来られた方達でした(お疲れ様!)
お話しをしていると、今年は信濃川の源流へ行かれるとか・・ 一昨年甲武信岳に登った時に通りました!と自慢しておきました(笑い)   

今日の登山口 岩井滝手前500m
Uタウンして駐車しました

岩井滝までの林道歩き
河川遡行クラブの方たちのトレースが

岩井滝入口 ここからラッセルして・・
「少しだから頑張ってみては」と言っておきましたが
登られたかは?? 足元が・・大変だったかも?
滝の裏側に入れる 裏見の滝です。巨大なツララを見たことがあります

岩井滝駐車場  トイレが雪に隠れ気味
来週には、車で入れるかも?

  トレースが
朝早く雪が硬い時にテレマークスキーで一人
入山されているみたい

途中の橋  凄い積雪量 1.5m位有るのでは

カーブミラー  暑いので腕をまくり、
頭にタオル・・  

デブリ
アイスバーンの時は少し緊張するところです
コケタラ川へ ドボンです

一番尾根下の 林道分岐

地形図左下から入山

川と林道が分かれたところから
手前から 1番尾根・・・2番尾根
登った3番尾根 その奥が県境尾根
私が、勝手に呼んでます。

登るのは、3番が登り易いです。
滑るのは 何処でも・・
ただ、県境尾根は、川が現れて引き返さないといけない時も。 
それと雪崩にも注意を・・・

1200m峰辺りは広々・・
雪庇も有ります
天気が悪い時にはヤバイですよ。

1番

2番

3番尾根が見えて来ました
奥の尾根です

先行者の方が 
倉吉からの方で、情報交換しました。

腕の良いパティシエが、美味しそうなロールケーキを作ってくれていました!

3番尾根へ

県境尾根は 全層雪崩が・・  コワー・・

1200m峰方面が見えてきました

振り向けば こんな素晴らしい眺めが!

素晴らしいでしょう!  これを見るだけでも登った甲斐が・・・

(*^0^*)

巨木の一本杉
ガスった時、これを見つけると安心します。 

1200m峰 方向です

真ん中の谷底から登って来ました

薄っすらと 大山が・・ よく見えませんね

恩原スキー場からの尾根です
トレースが確認できました

ギガラ山(1247.7m)

1200m峰頭  正面が恩原三国山山頂です

1200m峰 横の雪庇  コワァー

標高差50m下り鞍部へ 
シール付けたまま滑りました。

山頂手前のブナ林   もう少しで山頂です

恩原三国山(1213m) 山頂

三角点は 北峰(標高1251.9m)に有ります。
登る予定でしたが、今日の雪質の悪さで足に疲れが・・
諦めました。

正面に、扇ノ山・氷ノ山らしきが見えました。

恩原スキー場から、多くの登山者が登られたらしく、
足跡・スキーのトレースで、踏み荒らされていました。

少し風が出てきましたが、ポカポカ陽気
のんびり座り込み バナナとかしわ餅の食事をして・・
シールを外して 滑りモードに・・・

三角点のある 北峰

山頂から鞍部へのトレース

雪が重くて・・・  足に負担が・・・

1200m峰へ登り返し
板を担いで、フウフウ言いながら・・・
登りました(汗)

1200m峰から・・   最高!

素晴らしい所でしょう・・・!!

雄叫びをあげながら・・・滑ってました!
でも 雪が重くて・・・  足はパンパン・・・

足と相談しながら、休み・休み・・ 林道まで滑降!
心地よい疲労が(強がり)・・・

林道はトレースを、スート滑って帰れるはずが・・
今日は、漕がないと滑らない・・(涙)

途中足をモミモミしながら・・  無事に下山

充実した 山スキーでした!

下山後 伯州山の下見をしに、赤和瀬集落へ寄り道

上斎原温泉「このか」で汗を流しました!
写真は「いつき」 この手前左奥です

天候に恵まれて、素晴らしい展望を見て、悪雪で足にはキツイながらも、スキートレースが描けました。
何度行っても、素晴らしい所です。  また来年・・・  雪が良い時に訪れたいです。

帰途 おまけが・・・  気にしていた中国道 北房〜新見間の制限速度60k区間で、覆面パトカーが・・
ヤバカッタ・・・    皆さん気をつけてください。

ホームへ     足跡へ    2006年へ
髭じじーの山便り!