髭じじーの山便り!
十六島鼻&摺木山

島根県 出雲市 (旧平田市)
2007年9月16日

十六島鼻(うっぷるいはな)

敬老の日で世間様は連休ですが、残念ながら休みは日曜日だけ(涙)
その上に 台風は近づいて来るし天気予報は雨模様・・・

14日(金) 妻が「雨でも山へ行くの?・・」 「雨なら・・・・・」
そんな事で ドライブに行くことへ。 何処へ行こうか??  高速道路地図の中四国版を開いてニラメッコ・・
昔から遊び回っているので 目新しい所がなかなか無い。  島根半島の西側の海岸線を走ったことが無い。
道路地図と ネットの地形図を見て 「十六島鼻」と言う大好きな端っこがある!
ネットで検索すると 「うっぷるいはな」と読むようだ。 先端に灯台もあり 磯釣りの人気スポットみたい。
その近くに 標高が400mを越え山頂まで車で登れそうな「摺木山」と言う山を見つける。
車で登れて 展望も楽しめるかも?
十六島鼻と摺木山 そして島根半島の海岸を走るドライブに行くことにする。

15日(土) 夕方4時過ぎに出発
片道約200km 高速は無いので 早朝早く出発しないと うろうろ出来ない
前夜出発しました。

加田の湯

三次〜赤名トンネルを通り 島根県へ
大蔵省が一緒なので 
夕食は赤来町で しまね和牛のステーキ のはずが・・
満席で・・・  残念ながら食べれませんでした(涙)

気を取り直して 温泉へ・・
19:20 加田の湯へ
入場は19:30までで 滑り込みセーフ!
貸切で入れました!!

どこで寝る?・・・
9月中旬なのに暑い・・
三瓶なら涼しいだろうと 今夜の寝床は三瓶北の原へ 

三瓶山 北の原

16日 朝焼け

16日(日) 三瓶山北の原で夜明けを迎える。
心配していた雨はほとんど降らず 北の原は メイン道路から離れているので静かに休めた。
キャンプ場は ログハウスのキャビンに成っていて のんびりするのは良い所では。

三瓶は秋に 西の原から男三瓶

三瓶ダム

太田市から見た三瓶山
サルスベリの並木道
マウスをゆっくり上に重ねてください

道の駅 キララ多伎
日本海の水平線に沈む夕日
一度見てみたいのですが・・・

旧大社駅

寄り道ばかりして なかなか進めません・・
朝早く出発していても 同じ時間に来れたのでは(笑)

出雲大社に参詣していると時間が・・・ よってパス
日御碕も 何度も行っているので パス
出雲そばを食べたかったが 店が開いてないようで パス

十六島鼻へ行くには 平田市から入った方が早そうだが
海岸を走りたいので 出雲大社の横から入り 鷺峠を越えて
鷺浦の港へ。 
左に日本海を見ながら走って行く事にする。

鷺浦

なんの穴?

左側に十六島湾の向うに十六島鼻が  摺木山山頂のレーダーが見える

水平線と十六島鼻を見ながら 十六島湾をぐるり廻り車道の先端へ・・・
そこには 路肩に十数台の車が駐車中。 釣り人の車のようだ。 少し手前に駐車して先端の灯台を目指す。
駐車地点は 鼻から直線距離で約700m手前で標高が60m位。 案内板などは一切無くてウロウロ・・・
南側(湾)へ下りれそうな 草の茂った道。 北側(外海)へ下りれそうな踏み跡道。
そして 草が茂気味の踏み跡道の上に電線がある。  灯台の電気供給の電線では!
灯台への道と判断して go・・・・

釣り人が歩かれているようで よく踏まれた道です
時々ヤブ気味のところも・・・

くずの花が いっぱい咲いていました
よく見ると 綺麗ですね

日御碕灯台が見えます この写真では??ですね

??

カワラナデシコかな

湾の仕掛け網 日御碕の灯台 山野草を見ながら・・・・
700mは凄ーく 長ーい・・・  大汗を掻きながら・・・  灯台を目指す・・・   がしかし・・・

???

海岸へ・・・ 道が下りてしまう・・・

海岸へ下りてしまいました
釣り人の横を通って先端へ・・・

十六島鼻 先端

後の上を見ても 灯台は??

釣り人

灯台を見て できれば先端海岸へ行く積りだったが
灯台は??
釣り人に尋ねると この上にあるよ・・・

帰りに 灯台への分岐を探しながら歩くが
道は見つからない・・・
???の十六島鼻灯台でした

帰ってから ネットで調べると
左上の写真の 最先端まで行くと見えたらしい
全国の灯台巡りをされ HPに公開されている方のレポでも
同じように灯台に行けなくて・・・
最先端から振り向くと 灯台が見れたようです

再び大汗を掻いて車に戻る
 
道路地図には無いが地形図にはある釜浦への道を行く

水平線の彼方に 隠岐の島が見えるかと・・・・
残念ながら見えませんでした

釜浦から

十六島鼻   釜浦より

海岸線を走り 塩津を通り 摺木山へ行くつもりが 釜浦の先で通行止め。
崖崩れで行けないようだ。 残念だが 海岸線走行を諦めて島根半島中央部の広域農道を走る
摺木山への道も 観光地ではないので案内が無い。
地形図をニラメッコしながら 登山道路へ・・・

綺麗に舗装された道路を登って行くと
レーダーが見えてくる
看板によると 航空レーダーのようだ

レーダーの周りはフェンスで囲まれている
三角点を探して一周したが見当たらない
期待していた展望も 木に遮られてダメでした

摺木山(415.2m)

登山道路途中から見た 宍道湖(左側)

最近見掛けなくなったハゼ

摺木山から下山して どうしよう??・・・  地図とニラメッコ・・・・   お腹がグーグー・・・
汗も掻いた・・・・   海岸線走行は止めて温泉へ・・・・  何処の温泉??
事前に調べていた 「鹿島 多久の湯」か?   松江しんじ湖温泉か?・・・
お腹が早くと訴えていたので 松江へ・・・・

美味しそうでしょう・・・   美味しかった!!
宍道湖を見ながら・・・・
食事をすると 入浴料金無料の 松江しんじ湖温泉「水天閣」さん

窓からは宍道湖が

貸切で・・  いい湯でした!

時計を見れば2時を過ぎている 普通にR54号線では面白くない 何処を通って帰ろうか?
地図を見ると R432号で八雲〜広瀬町を走った記憶が無い。 またまた寄り道しながら・・・・

道標に2.数km 比田温泉 湯田山荘
入ろうかと思ったが 
湯当たりしそうなので 今度入ろう

玉峰山の麓に道の駅が出来ていた
ここは「砂の器」の舞台 亀嵩
テレビドラマで使われたセットがありました

島根半島の海岸線は ほとんど走れなかったが 
十六鳥鼻灯台へ行けなかったのが心残りだが 十六鳥鼻は 端っこの雰囲気を持った所だった。
海岸走行と灯台が宿題に・・・  また何時か 宿題をしに・・・・  行かないと・・??

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2007年へ