髭じじーの山便り!
十 方 山

広島県 旧吉和村
2006年3月19日
標高 1318.8m

先週初め頃は、氷ノ山か東山に山スキーで登る積もりでしたが、PM6時までに帰らないといけない用事が出来て、急遽行先変更。  最近の温かさと雨で、広島県周辺の山は雪解けが進み・・  何処へ??・・
半分ボッカ訓練のつもりで、登山口までのアプローチが便利な、十方山へ瀬戸滝登山口から登ることに・・・
7:00 三原出発
普通、本郷IC~吉和IC間を高速で行きますが、距離が105.4km ETC通勤割引が適用外。本郷から広島空港前を通り河内ICから入れば、97.2km。5分くらい時間が多く掛かりますが、2850円が1350円に!!   もちろん河内ICから高速へ。  沼田Pで、お蕎麦を食べて登山口へ・・
9:00 瀬戸滝登山口(標高510m)着
辺りは、ほとんど雪が無い・・(やっぱり・・)  広島と山口ナンバーの車が駐車していました。
9:30 ザックにスキーを装着して、兼用靴で出発。

登山口 駐車場

立派なトイレが出来てました

登山口  板担ぐと肩にどっしりと・・・

5分ほど登ると、瀬戸滝への道と分岐
昨年の台風被害で、現在瀬戸滝へは通行止め

10:05 730m 瀬戸滝への上部からの分岐
所々に残雪が出てきました

登山口では小雨が・・、この辺りから小雪に・・

この滝の上を通ります。 岩がツルツルして、
横にでたスキー板を引っ掛けないように・・

沢筋ルートは残雪歩き

先行者のトレースが・・  
大きな足跡の上に小さな足跡が・・

尾根になると 残雪無し
風が出てきて寒い、一度脱いだ服を再び着る

11:15 1035m  遭難碑
夏道のトラバース道は雪の中でした

11:50~12:05  1150m  山頂台地からの南尾根先
                     大きな ブナがあります

前面に雪原が広がり、板にシールを装着。
ここから、山スキー登山!!  ボッカ訓練終わり!

4年前の3月3日も、この辺りから山スキー登山だった。
標高差640m 板担ぎ   標高差170mスキー 
やはり、山スキー登山じゃなくて、ボッカ訓練ですね(笑)
前回も思いましたが、次に登る時は雪が多い時に・・・

十方山は
恐羅漢山スキー場Pから登るルート。残雪が多くて、今日でも山スキーで登れるのでは?・・  
内黒峠から縦走するルート。アップダウンが多くて・・・  でも一度山スキーで行きたいな・・

大きな ブナ

トレース  雪がモナカ状態  滑りが大変では・・・

山頂台地へ  展望が開けて来ました
先行者3人が、山頂台地南部に・・

遭難碑  この遭難は、記憶にあります。
たしか12月、天候の急変で大雪になり、広い山頂台地で方向感覚を失って・・・
悪天候時は、気をつけないといけない所です。

霧氷の花が咲いていました

いつか歩きたい 五里山

旧羅漢山 & 恐羅漢山 展望

山頂が見えて来ました

12:45~13:05 十方山山頂

小雪が舞い 風が・・ 寒い・・
展望をパチリパチリして
かしわ餅を食べながら、下山準備
雪質が・・  どうなることやら・・・
板が曲がるか・・ 

丸子頭を通り 内黒峠へのルート

市間山 & 立岩山

女鹿平山

吉和冠山~寂地山 方面展望 ☞

この方向に滑って下ります。
肩斜面で、雪質が・・・

悪雪 モナカ雪  曲がらない・・  バタバタターンで無理やりに・・・

13:25~40 1150m  スキー滑走終わり。
そこには先行の3人さんが・・ 休息後出発されるところでした

先行者に追いつき、話しをしていると、登山口で集合された1パーテーでした。  また、昨年2月吉和冠山でお会いして、お話しまでしていました。

15:10 510m 下山
登山口に咲いていた オウレン
お話しをしながら、先行者の方達と下山。「オウレンが咲いてますよ」と教えてもらい気づきました。入山する時はまったく気づかず・・。有難うございました。
ちっちゃな可憐な、美しい花ですね!

帰途 潮原温泉に入浴
足をモミモミ・・ 肩もモミモミ・・

もちろん 河内ICを17:10に出て、通勤割引OK

17:45 無事帰宅
18時からの用事に滑り込みセーフでした。

滑りは大変でしたが、よいトレーニングになりました。 そう言う事にしておきます(笑い)

髭じじーの山便り!
ホームへ     足跡へ    2006年へ