BLACKGURAD
先月の一枚(管理人1号たけ)
管理人二号の「先月の一枚」
過去の先月の一枚
TOP
注:先月のBESTではありません。単に先月一番聴き込んだアルバムを紹介するだけのコンテンツです。
最近のマイブームみたいなもんです。よって「あのアルバムのほうが良かっただろ!」
といった意見は的外れですので指摘されても困ります。当然古いものが出てくる可能性もあります。
結論。最終的に許せたのはジャケットのみ。好きな人は私と違う次元に生きてる人ですから感性がリンクする
 
部分はありません。お帰りください。
 
・・・これはつまんないですわ!!いや、ほんまにつまらんです!!これだけ期待が外れると怒りを通り越して
 
殺意に似た感情が芽生えますな。ええかげん聴き込んだということを差し引いても二度と聴き返すことはあり
 
ますまい。どこかで誰かがヴァイキングなんて言うもんだから買ってはみたものの、つか、ヴァイキングメタルに求
 
めるものが人それぞれ違うのは良いとして、これだけキラキラした小賢しい出来損ないのメロスピみたいな音
 
像をヴァイキングの範疇で捉えられる人との感性のギャップ、何よりも私はそこに驚き、腹が立ち、非常に悲し
 
い思いをしたのです。これのどこがヴァイキングなのだ。だとしたら軟弱すぎるだろ。まあバンドの前身はクサメロ
 
の私の忌み嫌うタイプのメタルだったようで、それを知っておれば絶対に買わないアルバムだったはずで・・・
 
悪口は無限に続けられますが本題。よくあるタイプのメロデスバンド、何枚目なのかは興味も無いのでどうで
 
もいいです。
 
メロディックであることとキャッチーであることは必ずしも共存するわけではないということがよく分かる好例。確
 
かにメロディは嫌ってほど詰め込まれてるんですが、全く文字通り私は嫌で、大仰なメロディにも拘らず何一つ
 
印象に残らない致命的なメロディセンスの無さが激痛です。若干のフォーク色があるんですけど、おそらくヴァ
 
イキングとカテゴライズする方はその辺の要素に反応してるんだと思います。が、そのフォークがまたつまらん。
 
この点を詰めていくと私的なヴァイキング論に発展するので止めときますが、フォークメタル=ヴァイキングって
 
発想が理解できない私ですから、普段は気にならない要素も坊主憎けりゃフォークまで憎いというわけでとに
 
かく気に入らない。ファストチューンが多すぎるのもお里が知れる「いかにも」な作りで辟易。貧弱なメロデスと
 
はいえ多少のブルータリティがあればやり場の無い怒りをぶつける矛先を何か別のものにすり替えることができ
 
ようものの、それすらない。つーわけで怒りがアルバムに向くのは当然なのです。唯一の救いはプレイヤビリティ
 
ってことになるんでしょうが、そもそも技術を二の次の要素として捉える私にとってはそんなことは救いにもならず、
 
むしろ見せびらかすように終始キラキラピロピロ、つかピコピコ鳴ってる雑音を聴くにつけマジ激怒。そりゃ本人
 
たちが技術をどのように使うかなんてとこまで文句を付ける気は無いですけど、ほんま一体どこを聴けばいい
 
のか。詰まるところ個性もゼロ。メロデスならばBLACKGUARDが好きですなんて言える人って、仮に存在する
 
としても私には理解できない言語をしゃべる人だと思います。
 
悪口は永遠に続けれれますがクソレビューで時間を使うのも勿体無い。なので私が特に言うべきことはありま
 
せん。先月の一枚なんてコンテンツがあるから悪口を言ってるくらいなことで、そうでなければ本来言及したい
 
と思うようなアルバムじゃありません。アピールするファン層はメロパワ、メロスピ、ネオクラ、そこら辺ばかりを聴
 
き漁る方々でしょう。私は友達になれないタイプの方々です。
 
BEST TUNE:ピコピコしたメロデスにBEST TUNEなど無い。あるわけない。
 
                                                       by たけ
"PROFUGUS MORTIS
1.SCARLET OT SNOW
2.THIS ROUNDS ON ME
3.ALLEGIENCE
4.I DREAM
5.SWORD
6.IN TIME
7.CINDER
8.VAIN
9.LAST WE WAGE


BAND