髭じじーの山便り!

鳥取県大山山系
2007年7月29日

大山ユートピアへ登ってきました。 この時期のユートピアは 雲上の楽園 素晴らしいお花畑!!
しかし 人・人・人・・・・  静かな山歩きを楽しみたいので 振子沢から登りました。

5:30 三原発
     何時ものように 高速を使わずに 道後山山麓を通って・・・
     今日は のろのろ運転の軽トラに会わず スムーズに走れた。
8:20 木谷登山口 健康の森遊歩道入口着
     駐車場には 6台の車が駐車中。 予定通り静かな山歩きになりそう!
8:43 準備して出発

健康の森遊歩道 登山口

ぶな林の中 ヤマアジサイを見ながら・・・

癒しのぶな林です

ぶなの巨樹も・・・

今年の3月です

9:35〜40  鳥越峠
          文鳥水からの登山道と合流した直ぐ先の 倒木地帯で二人連れの登山者を追い抜く。
          登りで出会ったのは この時の二人だけ。 自分のペースで静かな山歩きが出来ます。
10:15     駒鳥小屋
          小屋の側に抜殻。 マムシの住み家?の噂が・・・   恐る恐る中を覗きました(笑)
10:20〜48 地獄谷河原
          夏でも涼しく お気に入りの場所。
          気持ちよくて 振子沢を登る気力が無くなる所でもある(過去2回 ここでお昼寝・・)
          今日は バナナを食べて 美味しい水を飲んで 気力を出して振子沢へ・・・
 

鳥越峠

烏ケ山へのルートは通行止めのまま

鳥越峠を越えても 癒しのぶな林です

駒鳥小屋 
マウスを上に  屋内です

夏でも涼しい 河原です!

水も 美味しいですよ!

ガスが晴れて 大山縦走路が一瞬見えました

振子沢から 右の尾根への急登を登ると お花畑!
ここから 独り占め撮影会・・・  なかなか前に進めません・・・
帰って見ると ピンボケ撮影会になっていました (お笑い)

比婆山縦走

振子沢入口 
駒鳥小屋から下りて200m位上流です
正面左の岩に案内板があります
その岩の向こう側が入口です
入口を入ると直ぐに遭難碑があります

踏跡はありますが ヤブを掻き分けて登ります。
今日は 先行の登山者がいたようで
クモの巣攻撃に遭いませんでした ラッキー!

ナンゴククガイソウに蝶が・・

クガイソウ・ヤマアジサイ・オオバギボウシなどを
見ながら 藪を掻き分けて登ります

振子沢入口から50分 
ユートピア(象ケ鼻)が見えてきました
多くの登山者が動いているのが見えます

振子沢上部はガス

ナンゴククガイソウのお花畑

オオバギボウシのお花畑

振り向くと 烏ケ山は雲の中

野田ケ山からのルートと合流

12:25〜13:00 ユートピア(象ケ鼻)

多くの登山者で ごった返していました。 
ガスって見えない大山方向を見ながら ガスが晴れないかと期待しながら 何時ものちらし寿司の昼食。
汗を掻いた身体にあたる風は清々しくチョット寒い。
一瞬 槍尾根や剣が峰への縦走路が姿を現してくれる!!
天気予報では今日は曇り  
予報通りでお日様は顔を見せてくれませんでしたが 何時もの炎天下の登りよりラクな登山でした。
ユートピア小屋から三鈷峰の人の多さを見て 登る気ににならず下山へ。
  

剣が峰への縦走路

登って来た 振子沢
来シーズンは山スキーで・・・・

三鈷峰

槍尾根

宝珠尾根の 向うに元谷

ごった返す ユートピア避難小屋

   今日めぐり会った花々
名前は 全く自信無しです(笑)

ナンゴククガイソウ

ホソバノヤマハハコ

ウバユリ

ヤマジノホトトギス

コオニユリ

シモツケ

イヨフウロ

ダイセンオトギク

ヌスビトハギ

ソバナ

トチバニンジンの実

14:20〜40 地獄谷河原

登り以上に 足元に気を付けながらヤブを掻き分けて下る。 隠れた岩や倒木につまずいての転倒が恐い。
涸沢を歩く時は 苔でよく滑る・・・ これも事故の元。
安全第一で地獄谷へ下山。

河原で 美味しい水を飲み のんびり休憩していると いつの間にか振子沢から1人の登山者が降りてこられた。
最後のキツイ鳥越峠への標高差170mの登りへ・・

振子沢上部も見えました

冷たい水で 喉を潤し
汗を掻いた身体を拭くと 
このまま寝てしまいたくなりました(笑)

15:25〜40 鳥越峠

ヘロヘロで上り返し 鳥越峠へ
休んでいると 先ほど地獄谷へ下山された若い女性の方が上がってこられた。
お話しを伺うと 槍尾根から登られて縦走路を経由して
振子沢を降りてこられたそうだ。
オッカナイ所を・・・ 

途中抜かれるのは○○だったので 先に下山されてから
直ぐ後を追っかけたが 後姿を見ることも無く あっと言う間に下山された。
凄い健脚の方でした!

鳥越峠

16:10 無事下山

峠から写真も撮らずに下山
健脚の女性の方は 帰る準備をされていて
「髭じじーさんですか?」と・・・
車を見てそうかなと思われたそうで
野人さんと時々歩かれている 倉敷山の会の方でした。
それにしても 凄い健脚の方でした!

大山ユートピアは 全く花に興味が無かった6年前に たまたま花期に訪れて「ワオー」と思わず声が・・・
その後 なぜかお花畑を見に行くように・・・
今回も 振子沢から・・   次も振子沢からか野田ケ山からかでは?

帰途 道後山クロカンパークのすずらんの湯で汗を流して 19:50 三原に帰りました。
何度訪れても ユートピアは雲上のユートピアですね!! 

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2007年へ

2005年のユートピア    2006年4月の鳥越峠山スキー  もご覧ください