髭じじーの山便り!
富栄山〜乗幸山〜不溜山

 岡山県鏡野町
2014年6月15日

富栄山へ行って来ました

富栄山は 2002年11月に行った事が有ります
その頃は まだ山頂手前の稜線部の登山道が整備されて無く またその年は異常に早い雪で(前週は県民の森でスキー) ネマガリダケが寝ていて前進出来なく登頂断念 隣りの大空山だけ登りました

2006年 登山道が整備された情報をたくやさんのHPで知り 10月に富栄山を目指した
だが 先に霰ヶ山に登って次に登る予定だったが 霰ヶ山に手間取り時間切れ またまた富栄山は次回へ・・・(笑)

そして出発前夜  何処へ行こうかな?? ネットをキョロキョロ??。。
「富栄山から乗幸山へのルートが整備」  また「不溜山へは稜線北側に林道が有るようだ」  の情報を見付けた
行先決定!

6時50分 のとろ温泉の奥の登山口着
7時17分 準備をして出発

登山口です  先ずは階段・階段・・・です(汗)

7:37 尾根を越えて谷に下りると 小川に丸木橋
ここは 12年前の記憶が残っていました
マウスを上へどうぞ 小さな滝 いや小川の流れですね

最初は 杉林を登る けっこう急登です

ブナなどの 自然林へ  
なだらかなトラバースルートで 良い所です

8:37 稜線分岐へ
右へ行けば大空山 左へ行けば富栄山です

大空山は 前回登ったので 帰途時間が有れば
登ることにして富栄山へ

切り開かれたネマガリダケの中の登山道
2002年の時は 幅80p位の踏み跡は有ったが
ネマガリダケがびっしり 雪の為か倒れ気味で
掻き分けて進めず ハイハイしながら前進・・
数メートル前進して諦めて ハイハイバックでした(汗)
マウスを上へどうぞ こんな状態のネマガリダケの中へ
でした。。。。

富栄山 山頂だ

8:57〜9:17  富栄山(1205m)山頂
登頂するのに 12年掛かりました(笑)
マウスを上へ どうぞ 写真のバックに大山が見えてます

展望台から見た これから歩く ブナの森〜乗幸山〜不溜山です    遠いいなぁー。。。。
左の写真にマウスをどうぞ 若杉山のアップです  草原の斜面が冬は真っ白に またラクガキに行きたいなぁー

乗幸山への登山道は 最近(昨年?)ネマガリダケを切り開かれたようです まだ切り株や 切断されたネマガリダケが登山道上に散乱している所も・・・ 注意しながら歩かないといけない

ブナの森です

参考図

10:00ごろ林道分岐を通過して 乗幸山を目指していると 左側の展望が開けて 大山&蒜山が見えた

10:15〜35 乗幸山(1173,2m)山頂
マウスを 写真の上へどうぞ 
久し振りのコーヒーシャーベット 冷たくて美味しかった!

冨栄山が見える マウスをどうぞ 冨栄山アップです

10:45 林道への分岐へ戻る

10:50 急坂を下り 林道へ
この辺りは 酷く荒れていて林道跡のような状態です

林道を少し歩くと 沢水が
タオルを濡らして 顔を拭くと冷たくて爽快
この後にも もっと水量が多い沢水が流れていました

巨樹の横を通り・・・
マウスを上へどうぞ
アサギマダラが 乱舞していました

不溜山だ  もう少しだ

11:42 不溜山林道分岐
(マウスを上へどうぞ 道標が有ります

気持ち良い ブナ林を登る
足元には ユウレイも  マウスを上へどうぞ

11:52〜12:11 不溜山(1124,6m)山頂

歩いたコース  これから歩くコース  遠いいなぁー。。。。   と思いました(笑)

林道に咲いていた どなたさん?
マウスを 不溜山山頂に咲いていた どなたさん?
どちらも小さい花で ピントが合わないなぁ

13:15 登山道へ戻る分岐へ
マウスを上へどうぞ 道標も崩れた斜面の上に有ります

13:40 ブナの森を通過

またまた ネママリダケの切れはし登山道
木琴をたたいた時のような音色が時々聞こえる
竹琴の上を歩いているような・・・
だが 滑り易い・・・ ゆっくり慎重に通過した

14:12〜35  冨栄山へ戻る

今日唯一の 二人の登山者に会う

いろいろと情報交換
他には二人の登山者が登られたようだ

今日は サッカーワールドカップ 日本の試合が行われる
みなさん テレビ観戦で 山は静かなかも?

15:26〜35 お腹がグーグー・・・
丸木橋の所で 残っていた巻き寿司を食べた

15:50 無事下山

長いピストン登山だった 
初めてのコースだったので 楽しく歩けた

次は 雪の時にラクガキしたいなぁー
だが アップダウンの切り返しだからなぁ・・・


のとろ温泉で 足をモミモミして帰りました

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2014年へ