髭じじーの山便り!
氷ノ山 三の丸(県境尾根)山スキー

兵庫&鳥取県境
2012年4月8日

真白い大キャンバスに 思いっきりラクガキしてきました!

氷ノ山 三ノ丸へ県境尾根から登って来ました
今シーズンは雪がタップリ また4月になってからも雪が降り 真っ白い綺麗な斜面にラクガキが出来ました

4時頃 三原出発
7時50分 R29号戸倉峠トンネル手前に到着
  旧道は 入口から積雪が有り 手前の広場に駐車 1台駐車ていた
  準備をしていると 車が到着 赤谷山方向へ登ると言われて 直ぐに出発された
8時24分 準備をして出発  旧道入口から 直ぐにスキーで歩く

やっぱり雪が多い 戸倉峠登山口着

旧道の入口から雪が残っている
ここからスキー歩行だ

ギラギラ太陽 天気が良すぎだ 帰りの雪質が心配だなぁー

足跡は三人 
先程出発された方と 先に駐車されていた方は二人組のようだ

何時もの カーブミラー記念撮影
暑いので 頭には黄色いタオル巻き
口には 花粉症マスクです

旧戸倉トンネル前を通過

9:20〜42 戸倉峠 鳥取県側の林道へ

戸倉峠手前から スキー板が重い まるで鉄下駄を履いているようだ
板の裏を見ると シールに雪が団子になって付着している 気温が上がるとよく有る事だ
スプレーワックスの底で 雪団子を剥ぎ取り シールにワックスを塗ると その後は団子には成らなかった(ヤレヤレ・・)

10:02 林道を進み 一番標高差が無い所から
県境尾根へ 先行者はそのまま林道を進んでいた

県境尾根には 先行者が道案内
シカのようだが??

真っ白い氷ノ山が見える
マウスを写真の上へどうぞ アップです

11:00 林道方向からの 先行者の足跡が現れた
ショートスキー&スノーシューのようだ

11:39〜12:03 ギラギラ太陽 暑い
早い朝食だった お腹がグーグー バナナタイムへ

真っ白い大雪原が 少しづつ近付いて来た

西方向に 東山が見える  何時か 何時か登りたい東山です
後で分かった事ですが この日にkokoさん達が縦走されていました
前回の06年3月に 県境尾根を登った時には kokoさんは前日登られ 一日違いのニアミス
今日は お見合いをしていたようです 次は お会いするでしょうね(笑)

巨木の森

12:38 先行者の御二人が下りて来られました

12:56   オォー! 真っ白だ!!

振り向くと・・ 良い感じ!

あまご茶屋への坂の谷ルート入口だ

三ノ丸山頂が見え出した もう少しだ

三ノ丸避難小屋

13:23 氷ノ山 三ノ丸 (1464m) 山頂

何時もの事だが 出発前は氷ノ山迄登ろう・・・
15年位前に初めて あまご茶屋から登った時だけ氷ノ山まで登った  それ以降は何時も三ノ丸で断念
いや 新雪ラッセルで2回は三ノ丸迄も登れなかった事も
所用時間は 確実に毎回遅くなり・・・(なさけないなぁー)

氷ノ山 山頂

白い線は ちぐさスキー場かな?
春霞で ちょっとぼんやりだが

北側を見ると 扇ノ山かな?
毎年 滑りたいと思うのだが・・ チト遠いなぁー

氷太くん  若桜側から何度か登ったが
その当時は まだ無かった
氷太くんは 上から眺めた事しかないなぁ(笑)

13:55  真っ白い大キャンバスにラクガキ go..go.....

斜面がなだらかに成ると
天気が良すぎて雪はベチャベチャ
滑らない

参考図

チョット登りも・・・(汗。。。)

帰りは ←図の青線へ

赤線を登り 帰りは青線を滑り早めに林道へ

滑らない林道 (汗。。。。)

16:16 のんびり休み休み滑りながら下山

行きにすれ違った二人の方は 私以上にのんびり下りられたようで まだおられた 
赤谷山へ登られた方は 片付けていると帰って来られた

天気に恵まれたが 雪が重くて・・・
大キャンバスのラクガキは 気持良かったが
その後は 滑らない・・・
今迄で一番疲れた滑りだったような・・・

イマイチ欲求不満が残りで 翌週また氷ノ山へ
だが・・・・・

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2012年へ
髭じじーの山便り!