髭じじーの山便り!
久住山〜星生山〜扇ケ鼻

大分県旧久住町
2009年10月25日

紅葉 真っ盛りの久住に行って来ました
23日(金)夜に 「明日の夜から九州へドライブに行く?」とカミさんに言うと 「行こう・・・」 で急遽九州行きが決定(笑)

九州の何処へ行こうか・・・  地図を開いて何処へ??
観光ドライブで阿蘇は何度か行っているが 歩いて登った事がない
最高峰の高岳も未踏だ  仙酔峡から高岳へ登り 中岳を通り仙酔峡ロープウェイで下山
行き先が決まりネットで情報を収集していると ロープウェイが運休中のようだ 
並行している遊歩道はコンクリート舗装らしく 二度と歩きたくないとコメントも

再び行き先は何処へ??・・・
夜も遅くなり 出発前から睡眠不足ではマズイので 阿蘇の帰りにドライブで紅葉を見ようと思っていた九重へ・・
それなら 少し歩いて九重の何処かの山へ登ろうか
登山者の少なさそうなルートは?・・・  赤川温泉から扇ケ鼻なら静かに歩けそう
元気があれば星生山と通り(牧ノ戸からのメインルートを迂回するため 笑)久住山へ登る周回ルートに決定
決定したのは もう24日になっていた やっぱり睡眠不足だぁー(笑)

24日 18:50 三原出発
          またまた 山陽道小谷SAで 100円パンを大量に購入して
    23:50 何時もの宿 大分道玖珠Pに到着
          今夜も 15台位の車が泊まっていた
25日  5:05 玖珠P出発
          長者原・大曲・牧ノ戸は 多くの登山者が準備中
     6:15 赤川温泉登山口着
          やっぱりここは人気が無いのか 車は数台だけ 駐車場はガラガラだ
     6:50 カミさんに 13時迄には帰ると言い残して出発

赤川温泉登山口駐車場
出発前に青空が見えたのだが・・・

橋が流されています
ここで ランニング登山の方が下りて来られた

チョンボ編
まず 歩き始めて5分 私のスタミネ源バナナをザックに入れ忘れたような・・・
そう思っていると電話が カミさんから「バナナ忘れてるよ」
次に それから 10分後 変だな?? 扇ケ鼻への分岐は??  地形図を見ると既に通り過ぎているような??
道標は見なかったし 左折すろ道も気づかなかった??
引き返そうかなと思ったが 反対周りでいいやと思いながら林道交差まで行くと 二人の登山者がおられた
「扇ケ鼻へ行くのは?」と聞かれる  笑いながら 「私もその予定だったが 分岐を見逃したようで・・・」
チョンボ・チョンボの山登りに・・・・(笑)

赤川温泉の源泉?  硫黄の臭いがプンプン

狂い咲き

上を見ると うおぉー・・・

下を見ると わおぉー

左を見ると  おぉー・・・・・
晴れの天気予報だったのに

久住山山頂    後は星生山

山頂から見た 扇ケ鼻

8:40〜55 久住山(1786、5m)山頂
最初の3人と 山頂手前で追い抜いて行かれた2人だけに会った 静かな赤川ルートでした
登った時は 周りはガスの中で全く展望はダメ  風が強くて寒い  
その風のおかげで 星生山と扇ケ鼻は かくれんぼ状態で顔を見せてくれた
ここでバナナを食べようと・・・  忘れていたのを思い出し パンで我慢
寒いので長居は無用  星生山へ出発

久住山から下山へ 牧ノ戸からのメインルートだが
まだ時間が早いからか登山者は少ない

久住分かれの久住避難小屋裏の 星生山へのルートが
見えてきた (道標は無かったですよ)

久住山は雲の中

星生山への縦走路
マウスを上へ 星生山山頂です

9:47〜50 星生山(1762m)山頂

何も見えません
雨も降り始めました(涙)
寒い・・・

直ぐに下山へ
道標が無くてどちらへ??
磁石で確認 こちらかな?
コンパスと地形図(登山道は未記載)で確認
こちらかなと眺めると 登山者が登って来た
正解だったようで 下山へ

少し下ると雨が少し酷くなり
雨具のズボンも履く
晴れの予報なのに・・・・(涙・涙)

ワオォー・・・
凄い・・・

鮮やかな真っ赤か!

写真は変な色
雨空が恨めしい

左側下には池糖が見える

近づくと ますます鮮やかに

真っ赤の中へ

ピークの先も真っ赤っかだ!

凄ーい !!

牧ノ戸からのメインルートを少し歩いて扇ケ鼻分岐へ

牧ノ戸からは凄い人・人・人・・・・

錦絵の向うに 久住山
晴れていればなぁー・・・・
雨でレンズに水滴が(涙)

11:04〜22 扇ケ鼻(1698m)山頂
周りの山は見えない 風が強く寒い

山頂の大きな岩陰で 風雨をさけて
この紅葉をおかずに おむすびを食べる

下山へ  少し引き返し赤川温泉を目指す
マウスを上へどうぞ 分岐の道標です

紅葉の中を下ります

紅葉の中を下りました
ただ 雨で登山道は 滑る・滑る・・・
滑るのは雪の上だけでいいのですが

あれれ・・・
今朝は無かった 扇ケ鼻分岐の道標が立っていた
無かったではなくて 見逃したでした(笑)

しかし 早めに久住山へ登りまだ静かだった
計画道理に歩いていたら 久住分かれから
行列に中を歩くようになったのでは
いや 行列を見て 久住山はやめてピストンしていたかも
結果的には 見逃したのは正解だった!

12:55 無事下山

素晴らしい紅葉だったが
天気が残念だった

この天候でも 素晴らしかった紅葉
次は 青空の下で歩きたいですね

参考図

赤川登山口から
久住山〜星生山〜扇ケ鼻へ
反時計回りに歩きました

赤川〜久住山
5人に会っただけの静かなルート
最後はチョット急登です

久住山〜久住分かれ
牧ノ戸からのメインルート
まだ 早かったので
バラバラと登山者とすれ違う

久住分かれ〜星生山
分かれには案内標識無し
急登して岩尾根に
稜線ルートや少し下にトラバースルート有り
3・4パーティとすれ違う

星生山〜扇ケ鼻分岐
1パーティだけとすれ違う
最後は 真っ赤な紅葉のピークを超える

扇ケ鼻分岐〜扇ケ鼻
10パーティ位とすれ違う

扇ケ鼻〜赤川登山口
一人だけ見掛ける
最初は急坂 滑る・滑る・・
紅葉の中を下りて
途中ササヤブ状態の所もある

赤川温泉(国民宿舎)で汗を流し
凄く綺麗だった紅葉の 牧ノ戸峠を通って
ここが一番綺麗だったかも(笑)

大分道九重ICから
睡魔と闘いながら

21:05 無事三原に帰りました

走行距離 971km 
26時間15分の山旅でした

            疲れたぁー・・・・・

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2009年へ