髭じじーの山便り!
御嶽山 山スキー 070429

長野県
標高 3067m
2007年4月29日

昨年に続いて また木曽の御嶽山へ 山スキーに行きました。  (昨年の御嶽)
GWですが 自由時間は 28日午後から30日昼までの48時間(寂しい・・・)

今シーズンは 雪不足で何処へ行ってもヤブスキーばかり・・・
さて 真っ白い大斜面をもとめて 何処へ行こうか??・・・・

白山(別当出合へ車で入れないので却下) 乗鞍(位ケ原へバスの運行無しで却下)
一番ラクチンの3000m峰御嶽へ。(軟弱者 髭じじーですから)

今年は 妻も同行しました(山へは登りませんが)

28日 17:15 三原発
          例年に無く 渋滞は一切無くてスムーズに高速を走れました。
     23:25 中央道 恵那峡SA着  仮眠
29日  6:10 恵那峡SA発
      8:00 御岳ロープウェースキー場着  走行距離 582km

     恵那峡SA
駐車場奥に仮眠車専用スペース?
よく利用しています

快晴の御嶽 と 鯉のぼり と 桜

雲一つない ☆快晴☆
真っ白な 御嶽です!

昨年より車が多い
一段下の駐車場へ

8:45 ロープウェー乗車 標高1570m
     小さな可愛い男の子を連れた ご夫婦のスキーヤーの方と同乗
9:00 ゲレンデトップへ 標高2150m
9:10 準備をして出発 
     

    ゴンドラ
正面に御嶽を見ながら登ります

ゲレンデトップ
中央アルプスの展望台です
観光客も多く登っています

みなさん 出発準備中

最初は 樹林帯へ

乗鞍岳 & 穂高岳

9:33〜40 樹林帯を抜ける 標高2320m
        右に乗鞍&穂高  正面に真っ白い大斜面が・・

樹林帯を抜けると  0*(^-^)*0

先行のパーティー

孤高の木

☆ ワオー ☆

10:17〜23  スキーアイゼンを装着  標高2560m
          傾斜が急になって来たのでアイゼンを着ける
          大阪からの山スキーの方とお話(前日は馬場島へ入ったが雪が無い・・)

8合目金剛堂 & 中央アルプス

御嶽山頂が 見えて来ました

11:03〜15  9合目石室山荘下  標高2820m
          お腹が空いたので バナナ&パンを食べる
          傾斜は ますます急に・・

振り向くと 登山者の行列が・・・

ますます急登へ
雪面はガチガチ 風はビュービュー
稜線は 雪煙が・・・

綺麗な シュカブラ
風が作った芸術品
でも つまづかないように・・

稜線へ  風が強く頬が痛い
アイゼンを車に置いてきたので(失敗 & 反省)
クライミングサポートを使わずにスキーアイゼンを頼りに
一歩一歩慎重に・・・
皆さんは 板を担ぐかデポされて登られたようです

御嶽山 山頂  標高3067m

12:10 御嶽山 剣ケ峰 山頂登頂   先行者5・6名
      天気快晴 360度のパノラマ
      北に 乗鞍・槍・穂高・笠・薬師・立山・剣・・・  
      西に 八ツ・富士山・甲斐駒・仙丈・北岳・塩見・赤石・木曽駒・空木・・・・
      東に 白山・・
                    素晴らしい 展望でした!

乗鞍岳 & 北アルプス 方面

白山 方面

八ヶ岳 方面

富士山 & 南アルプス & 中央アルプス

御嶽山頂 御嶽神社

一の池 & 二の池

田の原からのルート
一般登山者が 多く登ってこられました

こちらから 登りました
スキー場が見えます

噴火口
御嶽は活火山 時々硫黄の臭いが・・

13:05     山頂出発 スキー滑走へ・・
          9合目 石室山荘までは ガリガリの斜面・・  転倒は許されませんので 慎重に滑る

13:20〜35  石室山荘 ヤバイ所を無事滑り下りて 気が抜けて空腹に・・
           山荘の上で バナナとパンを食べながらいっぷく

ガリガリ音を立てながら・・
慎重に滑ります

綺麗なシュカブラに落書しながら・・

お好きな所を 滑ってください!

髭じじーのラクガキです

気持ち良いですよ!

大斜面を ダイナミック?に滑り
樹林帯へ・・

好天に恵まれ 気温が上昇
雪がベタ雪に・・

疲れが足に・・
ヨレヨレでゲレンデトップに帰る

14:15 ゲレンデトップ

      座り込んで 中央アルプスを眺めながら
      掲示板へカキコミ報告

      今年はゲレンデ下部の雪が無くて
      ゴンドラに乗って下山
      


今シーズン最後の? 山スキーを楽しみました
(GW後半 また行きたいなぁー・・・?)

15:00 無事下山

木曽温泉で汗を流し 帰途へ

何処かへ寄り道する?
高山?妻籠?・・・
何処も何度か行ったことが・・

昨年大渋滞していたR19号もスイスイ
何処にも寄らずに高速へ・・
翌日昼までに帰ればよいので
恵那峡SAで夕寝
桂川Pで夜寝
SA巡りをしながら
30日10:30 帰りました

ホームへ    足跡へ   2007年へ
髭じじーの山便り!