髭じじーの山便り!
トラちゃん田んぼ & すくも塚(鳥取県最低峰)

岡山県美作市
鳥取県北栄町
2010年10月3日

「トラちゃん田んぼ」を見に行って来ました

10月3日は 髭じじー5歳の誕生日  四国通勤の山へ行こうと思っていたが天気予報は雨・・・
だが 朝起きると雨は降って無い 
気象庁のHPを見ると 日本海の秋雨前線と四国の雨雲に挟まれて 中国地方は降らないかも??

先日からカミさんが 「山へ行かないなら トラちゃん田んぼを見に行こう・・・」と言っていた
髭じじーの掲示板 最初のカキコミは たくやさんが張り付けて頂いた「トラちゃん田んぼ」の写真でした
5歳の誕生日に 見に行くのも面白いか・・・

町内の溝掃除を済ませて 田んぼの場所 そしてその後の寄り道の資料を調べて印刷して
出発は 9時30分過ぎ・・・・  (こんなに遅くて 行けるの・・・)

山陽道〜岡山道〜中国道へ
真庭Pで 話題のB級グルメ「ひるぜん焼きそば」と「津山ホルモンうどうん」を食べる
今年のB級グルメグランプリで 2位&4位に輝いたB級グルメ 美味しかったですね

12:10 中国道作東ICで下りて 直ぐの所の「トラちゃん田んぼ」へ到着

あれだ あれだ・・・・  すげーのー・・・・

可愛いー

      横から見ると ???

田植え前に 竹グシ約3000本で形を決めるようです
大変な作業でしょうね
トラちゃん田んぼ」のHPです
対抗して 「ジャイアンツ田んぼ」が近くに出来ているようですよ

綺麗な トラちゃん田んぼ 生で見ると大きさが実感でき一見の価値が有りました

次は 今春開通した鳥取自動車道へ
4月4日 鳥取道を開通直後に走り 鳥取県最低峰を登ろうと計画したが 何故だか島根県最低峰に化けた(笑)
もう昼過ぎだ 空も怪しいが 鳥取までは行ってみよう

中国道佐用JCTから鳥取道(正確には中国横断自動車道姫路鳥取線のようだ)へ
あれれ・・ 大原から西粟倉間はまだ未開通だった
鳥取県に入ると 無料区間だが 交通量も少なく走り易くて鳥取へ

ここまで時々小雨には遭ったが 希望的天気予報どうりだ!
R9号線を帰り 鳥取県最低峰へ寄り道して帰ろう

だが R9号線を走っていると 雨が・・・
最低峰の山はヤブコギしないと登れない山の筈だ・・・   ダメかなー・・・
北条砂丘辺りに来ると 道路脇の畑では 面白い現象が  雨が降っているのにスプリンクラーから水も
今 雨が降り出したのかな???・・・

最低峰に近付くと 雨が止んだ!  これなら登れるかも・・・
一番難しい 山探し&登山口探しへ???(笑)
近くまで行ったのだが どの山(突起した森)が最低峰「つくも塚」か分からない??
行き止まりの道で引き返し 周りをウロウロ・・・ 
近くの園芸試験場で訪ねると ???(結果的には裏山でしたが)
反対側で 畑作業をされていた方に訪ねると 目の前を指して 「そこよ」
教えて頂いて登山口へ行くと 先程行き止まりでUターンした所でした(笑)

15:45 登山口出発

鳥取県最低峰 「すくも塚」 標高55m

すくも塚登山口
入口がヤブコギ 濡れているので雨具を来て
最低峰登山では初めて登山靴を履いて
ストックを2本持って(クモの巣ワイパーです)

直ぐに 山に登った船が・・・・
3隻登っていました

車道跡から左へ分岐道へ

最後は 倒れた竹やぶを掻き分けて・・(汗)

すくも塚 登頂

山頂には 巨大なタンクが
今は使われてないようですが

また 北栄町のHPを見ると
すくも塚は 「由良城跡」のようで
昔は お城だったようです

タンクの周りを歩こうとしましたが藪で断念
最低峰でなければ決して登らない山でした(笑)

山頂を護る クモさん
二本のストックがフル回転でここまで辿り着きました

タンクに張り付いていた葉
綺麗でしたよ

16:02 無事下山

最低峰登山でしたが 藪でなかなか手強かった
入口の藪を見て カミさんはパス
「車で待ってます・・」でした

中国5県 残りは山口県最低峰
登りに行かないと・・・・

道の駅「ポート赤崎」で 美味しいお魚を食べて帰途へ
米子道へ入ると大雨・・・・  高速道路をゆっくり・・・  怖かった
20:40 走行距離597、5km 無事に帰りました

最後に 私の宝物

時   1975年(昭和50年)10月15日
場所 後楽園球場

巨人 対 カープ 戦チケットです

カープファン感激の あの時の試合です

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2010年へ