髭じじーの山便り!
雪国九州の湧蓋山 山スキー

大分県九重町
2008年1月2日

初めての九州での山スキー!

十数年前 日本最南端のスキー場 五ヶ瀬ハイランドスキー場と 数年前 天山スキー場を滑った事はあるが 一昨年正月 板を持参して阿蘇&久住法華院温泉に行った時には スキー板は車の中から出なかった
その時に 法華院温泉へ行く途中に見た湧蓋山(わいたやま)は白かった

      筋湯の宿で 8時からの朝食(もっと早く食べたいが・・・)
      正月モードで美味しい食事をして 宿を出て 筋湯温泉の駐車場へ

9:27  準備をして カミサンには 2時頃までには帰ると言い残して 駐車場を出発
9:35  下りばかりの道路を スキーで滑って登山口へ
      大失敗(涙) シールを貼ろうとザックの中を見ると無い・・・  食料を入れたときに出したまま・・涙・涙・・
      仕方なく トボトボ歩いて 車まで取りに帰る(汗・汗・・)
10:05  シールを貼って 最初は板を担いで登山出発   (イタイ 30分のロス)
10:12 最初の急登を登り 板を装着
      笹が邪魔して・・・ やはり雪不足     

湧蓋山(左奥に見えるはず?)は雲の中 駐車場より

一昨年 法華院温泉へ行く途中見た 湧蓋山
山頂から左の稜線が白くなって・・

登山口へ下りる急な道路
この時の滑りが 一番気持ちよかったような(笑)

取りに帰ったシールを貼って
やっと登山開始

笹が足に絡んで・・ 汗・汗・・・

最初の林道へ
キツネさん?の足跡が

福岡からのパーティーが追いついてこられ
先に 行ってもらいました
ササブッシュを踏みつけて頂き
引っ掛かる事が少なくなりました
ありがとうございました!

登山道は 一様白い
ちょくちょく ブッシュが隠れているだけだが(汗)

湧蓋山前峰(女岳)が見えて来ました
白い・白い・・!! 期待が・・・

牧場らしき所 滑りが楽しそう!
ここだけは 山スキーの威力発揮
ツボ足は大変そうでした

カニ刺しを思い出し 食べてみました(冷)

最上部の道路から 樹林地帯へ

時計を見ると もう12時・・  予想以上に時間が掛かっている
残念ながら 登頂は不可能のようだ
13時まで 登れる所まで行き 引き返すことに  せめて前峰 女岳には登りたいのだが・・・

綺麗でしたよ!

12:55〜13:00 最高到達地点

もう少しで女岳山頂だが ガスっている
時計表示高度計では あと60mくらいかな?

下から見た女岳の斜面は真っ白だが
草に雪が付いて 白く見えていたようだ

滑りも大変そう・・・
残念だが 時間切れで引き返すことに

福岡からのパーティーも登頂断念
引き返されました

ここを滑って・・・・
どこを滑ろうか・・キョロキョロ・・

滑る・・ 滑る・・

こんなところも 滑る・・ 滑る・・

ここも 滑る・・ 滑る・・・

実際は 下りる 下りる でした(笑)

湧蓋山(1500m)が顔を見せてくれました!!
左が女岳(1420m) その山頂手前まで登りました

牧場まで帰り 記念撮影

滑る・・ 滑る・・

ここも 滑る・・ 滑る・・・

笹がだんだん 現れてきて
キョロキョロ・・・

足が 吊ってきて コントロールがきつくなり
滑りを断念・・

最後は 板を担いで下山しました

前日 1日 九重夢大吊橋&温泉巡りへ

14:45 無事下山

駐車場に帰ると 湧蓋山が顔を出していました

初めての 九州での山スキー 少々雪不足でしたが
スキー板を履いて登り まがりなりにも滑れたことに
満足しています!

次は 四国の山へ 2回目の山スキーに行きたいですね(笑)

筋湯の打たせ湯で汗を流し
休みながら 翌日 0時30分 無事帰りました。

これから 山スキー本番・・
もっと・もっと 雪が降れー・・・・・

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2008年へ