髭じじーの山便り!
由 良 岬

愛媛県愛南町&宇和島市
  2013年11月17日

由良半島の由良岬(ゆらはな)へ行って来ました
由良半島 どこ? 何処??・・・  私も4年前までは全く知らない所でした
全国の灯台巡りをされている「岬の灯」さんのレポを見て 端っこ大好きですので 是非何時か行こうと思っていました

由良半島は 愛媛県宇和島市の南に 細長くニョロニョロと飛び出ている半島です
車で行けるのは 突端の由良岬手前約4kmの網代地区まで そこからは歩いて行きます

前夜から車中泊 夜明けを待って
6:22 出発

車道跡だったような道を登る
右記のような道標
えひめ森林浴八十八ヶ所だったようだ

稜線へ登る途中までは 広い道の跡だが
左の写真の上へマウスどうぞ
今はこのような状態です
(帰りに撮影した写真です)

半島中央の稜線尾根へ

稜線を少し進むと 明治時代の殉国碑が建てられていた
(マウスを上へどうぞ)

縦走路は 樹林帯の中で展望は望めないが
時々両サイドの樹間から海が微かに見えて
海の中 細い尾根を歩いている事が感じられた

7:04〜15   海だ!  朝日だ!

ワオー!!!    スゴイ!!!

この神秘的な素晴らしい景色を見て  今日は満足 満足

あの峰嶺が 三角点ピークの由良山?だろう

縦走路 熊は居ないが油断大敵 蜘蛛はいっぱい住んでます

7:50 少し広い所へ

ここは 尾根ルートとトラバースルートの分岐点だろう
トラバースルートは左へ(南側方向へ)だ
そちらに踏み跡が有り そちらへ進む
少し行くと 変だなぁー・・  海が右側に見える
コンパスで確認すると 南に進んでいる
小猿島方向の枝半島へ行っているようだ
ルート間違いだ   引き返す  15分の徘徊でした(笑)

下の参考図を御覧下さい
中央の青線が4本集まっている所です

参考図   網代から青線を歩きました  小猿島方向へ少し徘徊して引き返し
トラバースルートで 由良岬灯台へ 海岸へ下りてから由良岬へ  灯台まで引き返し 急登を登り由良山へ登りました

間違った所のすぐ先に大きな石垣が有った
その裏側に廻ると 神社の祠が有った
マウスを上へどうぞ

神社の前を通り トラバースルートへ進む
先程間違った 小猿島方向への半島が見えた
トラバースルートは 時々滑りそな所も
マウスを上へどうぞ  滑ってコケタラ海まで滑り台かも

見えそうで見えなかった 大猿島

8:47 由良岬灯台へ

落石で埋もれかけた遊歩道を下りて行く

崖はお花畑 あまり横見は出来ないがね・・・

9:03 海へ下りる

間違った半島と 小猿島です

9:14 ここを下りて来たので 登らないと帰れない(汗)
コンクリートの階段ですから 恐くはないですよ
躓いてコケタラ 落ちるでしょうがね(恐)
マウスを上へどうぞ

灯台まで戻り 由良岬へ
この辺りは 戦時中は要塞 その遺構残っています
マウスを上へどうぞ 防空壕の跡かな?

9:43 由良岬へ

瀬戸内海の入口 豊後水道に飛び出た場所だ
戦時には 重要な要塞だっただろうとは想像できる

写真には写らなかったが 薄らと九州が見えた
対岸は 九州最東端の鶴御崎
鶴御崎には砲台跡があった
タイムトライアルした所だ(笑)
観光地になり 展望台が出来ていた

それに引き換え こちらは
終戦時に慌ただしく破壊した時のそのまま
タイムスリップしたような光景だ
なかなか訪れる事が大変な場所だからだろう

要塞跡にも 花は咲く マウスを上へどうぞ 
色違いの同じ花だと思って撮影していました 
写真を見て違うなぁ(笑)

人間は 多分ほとんど訪れないが
動物は遊んでいるようです ウサギさんか?鹿さんかも?

地形図で確認すると 岬最突端はここの北側の所のようだ
左の写真の尾根に登り 左(西)に下りれば行けそうだ
藪の中へGO・・・   マウスを上へどうぞ
ヤブコギして少し登ると 隠れていた要塞跡へ

その先は 酷いヤブコギ・・・ 汗 汗・・・  で退散

引き返し ここが由良岬の一部だと解釈する事に(笑)

10:08 由良岬を後にして 灯台へ引き返す

灯台から尾根ルートへの登りは急登
途中ロープが設置されている所も有りました
241mピーク手前の稜線へ登ると
最西端へ行けそうな踏み跡が有ったが
240m下り また登る  諦めました

10:56〜11:04   249.1mの一等三角点
山の名前は??  
高知のあるぷハイキングクラブさんのレポには由良山と
書かれていたので 「由良山」にします

間違えた小猿島方向への半島が見えるビューポイント
逆光で写真はイマイチでしたが
マウスを上へどうぞ 半島の向うの側の岩礁です
釣りをされている方がいました

11:32  今朝間違えた場所に帰りました
「登山口」の道標です マウスを上へどうぞ 裏側です
裏側は今朝確認したのですが 登山口は確認しませんでした
登山口道標は事前に調べていたので 確認していれば
間違えなかった筈です(笑)

12:00 今朝の素晴らしいビューポイント
朝日が無ければ ただの景色だぁー(笑)

12:40 無事下山しました

念願の端っこらしい端っこへ行き 素晴らしい朝焼けの海に巡り合い 思い出に残る由良岬でした!

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2013年へ