カルミモンシロチョウ

《学名》
 Talbotia naganum

《分布(記録のある沖縄県の島)》
 西表島、与那国島
 ※与那国島新川線イランダ林道比川口付近 1♂ 1996年7月1日 高木 秀了(日本初記録)
 【参考文献】高木 秀了,与那国島の軽海紋白蝶、蝶研フィールド127,1996)

《写真解説》
 ★♂ 与那国島新川線イランダ林道比川口付近 1996年7月1日 高木 秀了(高木氏に写真提供頂きました。感謝)
 ★♀ 西表島大富林道 2014年7月24日 木下茂之(木下氏に写真提供頂きました。感謝)

《食草》
 ハクラクジュ
【参考文献】蝶研フィールド127

 
♂ 与那国島 1996年7月1日 高木 秀了(蝶研フィールド127) ♀ 西表島 2014年7月24日 木下茂之 同左裏面(季刊ゆずりは64、33)  
《文献覚え書き》
【2015年度発行文献より】

 カルミモンシロチョウ;2♂ 与那国島久部良岳 2014年7月11日(林秀行、季刊ゆずりは64、33)
 カルミモンシロチョウ;1♀ 西表島大富林道 2014年7月24日(木下茂之、季刊ゆずりは64、33)
 カルミモンシロチョウ;1♀ 西表島大富林道 2014年7月24日(ゆずりはクラブ185、11)
【2014年度発行文献より】

 カルミモンシロチョウ;1♀ 西表島大富林道 2014年7月24日(ゆずりはクラブ185、11)
 カルミモンシロチョウ;2♂ 与那国島久部良岳 2014年7月11日(ゆずりはクラブ185、11)
 カルミモンシロチョウ;1♂ 与那国島ドナン岳 2014年7月16日(ゆずりはクラブ185、11)
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 高木 秀了,与那国島の軽海紋白蝶、蝶研フィールド127,1996)。
《謝辞》
 本ホームページへのアップをご快諾頂き感謝いたします。重ねてご投稿いただきました皆様に感謝申し上げます!。以下に、ご協力頂きました皆様のお名前をあげて感謝いたします。
  高木秀了氏、木下茂之氏、