ヒメイチモンジセセリ

《学名》
 
Parnara bada
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 伊是名島、伊江島、沖縄本島、久高島、渡嘉敷島、久米島、北大東島、多良間島、石垣島、小浜島、黒島、西表島、波照間島、与那国島
沖縄県以外の記録
 埼玉県、神奈川県、鹿児島県(喜界島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島)
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』吸蜜植物(ニガウリ、タイワンレンギョウ、ランタナ、センダングサ類)吸汁(腐敗したパインの皮など、オオバイヌビワの腐果)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』挑戦したい。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』テリトリーを張る♂は小高い丘のてっぺんにくる。撮影しているテリ場は花などない場所で吸蜜の確認が出来ていない。山頂でも草花がある場所だったら吸蜜するのか?不明。
【天敵】印です。
『撮影メモ』。

♀(ニガウリの花で吸蜜)うるま市 2004年7月26日 ♂(タイワンレンギョウの花で吸蜜)うるま市 2004年8月13日 ♂(ランタナの花で吸蜜)うるま市 2004年8月13日 ♂(センダングサ類の花で吸蜜)西表島 2004年11月28日
♀(ヘチマの花で吸蜜)うるま市 2006年7月17日 テリトリーを張る♂ うるま市 2009年9月12日 テリトリーを張る♂ うるま市 2010年3月23日 テリトリーを張る♂ うるま市 2011年7月10日
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。(これからも変異ある個体の写真を随時、募集しています)。
クリックしてね→本種標本写真へ。
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。本種は斑紋にバリエーションがあります。生態写真は、斑紋の変異が分かりやすいようにトリミングしています。
 ※茶色セセリは生態写真では同定が難しい場合が多い。採集をして確認するのをお勧めする。本種の場合は、後翅表面の斑紋に特徴があるので、翅を開いた写真が好ましい。本種の場合は、後翅表面の斑紋に特徴があるので、翅を開いた写真が好ましい。本種の場合、後翅表面にくっきりと斑紋が出ているのが確認できるので翅を開いたシーンを狙うのが良い。また茶色セセリは低温期個体になると斑紋が消失する傾向になるので、その場合は採集して確認するようになる。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ
《産卵〜幼生期》
 産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ(未記録の食草も!)。
食草》
 アハガラス、イネ、サトウキビ、ススキ。タイヌビエ、タイワンアシカキ、ダンチク、ヒメオニササガヤ台座。オヒシバ、ノキビ、メヒシバ、チガヤ。
《文献覚え書き》
【2016年度発行文献より】
 オヒシバ、ノキビ、メヒシバ、チガヤ;幼虫確認、金武町・恩納村(比嘉正一・長田勝、季刊ゆずりは71;54).
【2014年度発行文献より】
 古代米(アハガラス);幼虫確認、沖縄県西原町 2013年12月2日(長田勝、琉球の昆虫38;50)
【2013年度発行文献より
 記録のまとめ;鹿児島県内の離島では確かな記録はあるものの、現在は見られない(SATSUMA 150).
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
 日本昆虫目録第7巻 鱗翅目 第1号(日本昆虫学会)
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 日比野米昭 波照間島でヒメイチモンジセセリを採集 22