イチモンジセセリ

《学名》
 
Parnara guttata
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 伊是名島、伊平屋島、水納島(本部町)、瀬底島、伊江島、古宇利島、屋我地島、沖縄本島、浜比嘉島、津堅島、久高島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、粟国島、渡名喜島、久米島、オーハ島、北大東島、南大東島、宮古島来間島、伊良部島、多良間島、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、西表島、波照間島、与那国島
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』♀の吸水。吸蜜植物(ポンテデリア、オクラレルカ、センダングサ類、ヒメキリンソウ、ヒヨドリバナ、ヒラドツツジ、キクイモモドキ)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』求愛行動のみ観察、撮影。詳しくは「ありんくりんニュース 特集!イチモンジセセリの野外における生態観察」で紹介している。交尾個体撮影に挑戦したい。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』。
【天敵】印です。
『撮影メモ』。
【ありんくりんニューレポ】
 特集!イチモンジセセリの野外における生態観察

求愛行動(上;♀、下;♂)名護市 2011年10月25日 ♂(ポンテデリアの花で吸蜜)大宜味村 2013年4月9日 ♂(オクラレルカの花で吸蜜)大宜味村 2013年4月15日 ♂(センダングサ類で吸蜜)粟国島 2007年3月23日
     
♂(キクイモモドキの花で吸蜜)名護市 2017年11月11日      
♂(ヒメキリンソウの花で吸蜜)恩納村 2010年3月14日14時05分(新田敦子) ♂(ヒヨドリバナの花で吸蜜)本部町 2012年10月22日(新田敦子) ♂(ヒラドツツジの花で吸蜜)東村 2013年3月19日(新田敦子) ♀吸水 名護市 2011年11月7日(新田敦子)
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。(これからも変異ある個体の写真を随時、募集しています)。
クリックしてね→本種標本写真へ。
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ。
《産卵〜幼生期》
産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ

《食草》
 アフリカヒゲシバ、イタチガヤ、イネ、オヒシバ、シュロガヤツリススキチガヤ、チャボウシノシッペイ、ナピアグラス、ハイキビ。
《文献覚え書き
【2015年度発行文献より】

 食草;シュロガヤツリ、イチモンジセセリ終齢幼虫と巣 名護市 2012年2月13日 新田敦子(本誌編集部、ありんくりん通信5、5).
【2014年度発行文献より】
 分布;浜比嘉島のイチモンジセセリ、宮城秋乃(うるま市立資料館紀要、創刊号).
 黒島;イチモンジセセリ1♂、1990年10月16日(白井和伸、琉球の昆虫38;61)
2013年度発行文献より】
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
【2012年度発行文献より】

 1頭 渡名喜島 2011年9月23日 青柳克、琉球の昆虫36(2012)
 チャボウシノシッペイ、シュロガヤツリ、アフリカヒゲシバ 新田敦子、SATSUMA147
 イタチガヤ 中峯浩司、SATSUMA147
.
《参考資料》
★本種に関する双尾II発行文献
(「ありんくりん通信」、通巻数、ページ)
本誌編集部 沖縄蝶の食草 シュロガヤツリ、ありんくりん通信5、5.
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 阿部繁 白斑の消失したイチモンジセセリ 12
 政田洋一・政田健二 白斑の完全に消失したイチモンジセセリ 23
 品川恭 イチモンジセセリの白斑退化型 30
 小林望光・蛭川憲男 オオカマキリがイチモンジセセリを捕食 90
 蛭川憲男 イチモンジセセリが水田で大発生 95
 北原曜 イチモンジセセリの早い記録 120
 岩藤能明 イチモンジセセリの斑紋異常型 205
 西海正彦 イチモンジセセリの奇妙な求愛行動 220
 井形啓一郎 後翅白斑の発達したイチモンジセセリ 251