オキナワビロウドセセリ

《学名》
 Hasora chromus

《分布(記録のある沖縄県の島)》
 伊是名島、伊平屋島、水納島(本部町)、瀬底島、伊江島、古宇利島、屋我地島、沖縄本島、浜比嘉島、伊計島、藪地島、浮原島、南浮原島、津堅島、久高島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、粟国島、渡名喜島、久米島、奥武島(久米島町)、オーハ島、宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島(多良間村)、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、西表島、由布島、波照間島、与那国島
★沖縄県以外の記録
 神奈川県、長崎県、長崎県(対馬)、大分県、鹿児島県、鹿児島県(トカラ列島中之島、宝島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島)

《成虫の生態・写真解説》
 成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』♂吸水、吸い戻し。吸蜜植物(ランタナ、キバナランタナ、コバノランタナ、タイワンレンギョウ、モモ、サンゴジュ、ネズミモチ、シロバナシマアザミ、ナンゴクハマウド、クロヨナ、ツワブキ、ヒラミレモン、ヒカンザクラ、センダングサ類)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』交尾は写真の1例のみ。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』。
【天敵】印です。
『撮影メモ』。

♂吸水 うるま市 2012年4月22日 ♀(ランタナの花で吸蜜)うるま市 2004年5月8日 ♂(キバナランタナの花で吸蜜)うるま市 2005年8月22日 ♀(コバノランタナの花で吸蜜)うるま市 2005年8月22日
1頭(タイワンレンギョウの花で吸蜜)うるま市 2005年9月16日 1頭(モモの花で吸蜜)大宜味村 2006年2月5日 1頭(サンゴジュの花で吸蜜)うるま市 2006年4月3日 1頭(ネズミモチの花で吸蜜)うるま市 2006年4月4日
♂(シロバナシマアザミの花で吸蜜)国頭村 2006年4月17日 1頭(ナンゴクハマウドの花で吸蜜)国頭村 2006年4月17日 1頭(クロヨナの花で吸蜜)糸満市 2006年10月22日 ♀(ツワブキの花で吸蜜)大宜味村 2009年1月4日
1頭(ヒラミレモンの花で吸蜜)うるま市 2009年3月23日 1頭(ヒカンザクラの花で吸蜜)本部町 2012年2月1日 1頭(センダングサ類の花で吸蜜)恩納村 2012年2月21日 交尾(上♀・下♂)うるま市 2008年10月7日
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。(これからも変異ある個体の写真を随時、募集しています)。
クリックしてね→本種標本写真へ。
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ。
《産卵〜幼生期》
 産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ
食草》
 クロヨナ、デリス。
《文献覚え書き
【2018年度発行文献より】
 浮原島、南浮原島で確認、新田智・新田敦子「特集;離島大好き編(2003年〜2017年)」、ありんくりん通信 特別号(2018);1-8.
【2014年度発行文献より】
 久米島町奥武島;オキナワビロウドセセリ2♂1♀ 2012年4月28日(原佳弘、琉球の昆虫38;59)
2013年度発行文献より
 記録のまとめ(SATSUMA 150)※トカラ列島中之島(蝶研フィールド174)が抜けている.
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 加藤勝利 オキナワビロードセセリのデリスによる飼育例 10
 北原幹郎 オキナワビロードセセリの寄生蝿について 12
 中邨 徹 オキナワビロードセセリの食草について 13
 後藤安一郎 長崎県大村市でオキナワビロウドセセリ 143
 浜祥明 オキナワビロウドセセリの冬期の吸蜜植物 165
 吉田昌功 トカラ列島中之島でオキナワビロウドセセリを採集 174