オオゴマダラ

《学名》
 
Idea leuconoe
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 伊是名島、伊平屋島、水納島(本部町)、瀬底島、伊江島、古宇利島、屋我地島、奥武島(名護市)、沖縄本島、浜比嘉島、宮城島(うるま市)、伊計島、藪地島、南浮原島、浮原島、津堅島、久高島、奥武島(南城市)、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、外地島、安室島、儀志布島、久場島、屋嘉比島、粟国島、久米島、奥武島(久米島町)、オーハ島、宮古島、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島(多良間村)、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、鳩間島、西表島、由布島、波照間島、与那国島、尖閣・魚釣島
沖縄県以外の記録
 東京都、大阪府、福岡県、鹿児島県、鹿児島県(屋久島、口永良部島*、臥蛇島、小宝島、宝島、喜界島、奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部島、与論島)
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』吸蜜植物(センダングサ類、モンパノキ、ホウライカガミ、ホコバテイキンザクラ、フトボナガボソウ、タイワンレンギョウ、タイワンウオクサギ、ヒラミレモン、シロバナシマアザミ、ショウロクサギ、サンダンカ、ツルソバ、ノゲイトウ、サツマイモ、ソクズ、ツルグミ、ランタナ、オクラレルカ、マサキ、ヤエヤマネコノチチ)吸汁植物(リュウキュウエノキの樹液、鳥糞)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』写真以外に数例撮影している。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』。
【天敵】印です。
『撮影メモ』。。

求愛(♀はセンダングサ類の花で吸蜜)座間味島 2007年5月4日 1頭(鳥糞をを吸っている)伊計島 2017年7月11日 1頭(オクラレルカの花で吸蜜)大宜味村 2013年4月9日 1頭(リュウキュウエノキの樹液を吸っている)伊計島 2016年9月30日
♂(センダングサ類の花で吸蜜)久米島町(オーハ島) 2003年6月1日 ♂(モンパノキの花で吸蜜)阿嘉島 2004年2月14日 ♀(ホウライカガミの花で吸蜜)波照間島 2004年5月28日 ♂(ホコバテイキンザクラの花で吸蜜)那覇市 2004年8月14日
♀(フトボナガボソウの花で吸蜜)西表島 2004年12月11日 ♂(タイワンレンギョウの花で吸蜜)うるま市 2005年9月6日 多数,他ツマムラサキマダラなど(タイワンウオクサギの花で吸蜜)座間味島 2005年11月5日 1頭(ヒラミレモンの花で吸蜜)大宜味村 2006年3月3日
♀(シロバナシマアザミの花で吸蜜)国頭村 2006年4月17日 ♂(ショウロクサギの花で吸蜜)那覇市 2006年8月30日 ♀(サンダンカの花で吸蜜)本部町 2007年8月16日 1頭(ツルソバの花で吸蜜)西表島 2007年12月24日
1頭(ノゲイトウの花で吸蜜)西表島 2008年12月11日 1頭(サツマイモの花で吸蜜)古宇利島 2010年11月16日 ♀(ソクズの花で吸蜜)古宇利島 2010年11月16日 ♀(ツルグミの花で吸蜜)瀬底島 2010年11月21日
♀(マサキの花で吸蜜)名護市 2018年6月11日 1頭(ヤエヤマネコノチチの花で吸蜜)名護市 2018年6月11日 1頭(ランタナの花で吸蜜)津堅島 2012年5月7日(新田敦子) 交尾(左♀・右♂)西表島 2010年6月29日
《変異・異常型》
 日本へ迷蝶として飛来して来るコモンマダラ類は種を見分けるのにポイントがあります。上の見分け方をご参考ください。なお、標本写真は『変異・異常型図鑑』にまとめてアップしていますので、ご参考ください。
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。まだまだ、新たなご投稿もお待ちしています。個体変異の参考になれば幸いです。
クリックしてね→本種標本写真へ。
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ
《産卵〜幼生期》
 産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ
食草》
 ホウライカガミ
《文献覚え書き
【2018年度発行文献より】
 奥武島(名護市)、浮原島で確認、新田智・新田敦子「特集;離島大好き編(2003年〜2017年)」、ありんくりん通信 特別号(2018);1-8.
【2017年度発行文献より
 南浮原島(初記録);オオゴマダラ2♂ 2017年7月14日、新田智(新田智、「2017年6月21日〜7月19日、薮地島・宮城島・伊計島・南浮原島・瀬底島・奥武島で撮影・採集した蝶」ありんくりん通信23、1-6).
【2014年度発行文献より】
 久米島町奥武島;オオゴマダラ1♂ 2012年4月28日(原佳弘、琉球の昆虫38;59)
2013年度発行文献より
 記録のまとめ(SATSUMA 150)※口永良部島*が抜けている.
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
【2012年度発行文献より】
 分布;1頭目撃 鹿児島県加計呂麻島 2012年8月20日 岡崎幹人、SATSUMA148
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 上原健慈 オオゴマダラを福岡県春日市にて採り逃がす 蝶研フィールド7
 渡辺康之 オオゴマダラの交尾 蝶研フィールド8
 永田隆 トンボに襲われたオオゴマダラ 蝶研フィールド28
 橋本郷史 オオゴマダラの目撃記録 蝶研フィールド31
 植村好延 奄美大島でオオゴマダラを目撃 蝶研フィールド34
 伊藤ふくお オオゴマダラ 蝶研フィールド57
 新田智 オオゴマダラの黒化異常型 蝶研フィールド112
 野林千枝 オオゴマダラの異常型の記録 蝶研フィールド181
 野林千枝 オオゴマダラの異常型の記録 蝶研フィールド191
 野林千枝 オオゴマダラの蛹の色彩変異の1記録 蝶研フィールド194
 比嘉正一 オオゴマダラの異常個体 蝶研フィールド237