ウスアオオナガウラナミシジミ

《学名》
 
Catochrysops panormus
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 沖縄本島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、渡名喜島、宮古島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、西表島、新城島、波照間島、与那国

 県外以外の記録
 鹿児島県(屋久島)
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』タイワンヒヨドリバナモドキ、センダングサ類、クロバナツルアズキ、キダチハナグルマ、タイワンクズ、カタバミ。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』写真の1例のみ。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』翅を半開きにして体を少し傾け日光浴、この後、直ぐに飛び去った。
【天敵】印です。
『撮影メモ』。。

♂(タイワンヒヨドリバナモドキの花で吸蜜)石垣島 2002年11月24日 ♀(センダングサ類の花で吸蜜)渡嘉敷島 2005年11月10日 ♂(クロバナツルアズキの花で吸蜜)渡名喜島 2005年11月13日 ♂(キダチハナグルマの花で吸蜜)渡名喜島 2005年11月13日
♂(タイワンクズの花で吸蜜)うるま市 2007年1月9日 ♂(カタバミの花で吸蜜)うるま市 2007年1月11日 交尾 渡嘉敷島 2005年11月10日 ♂日光浴 うるま市 2007年1月6日(新田敦子)
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。(これからも変異ある個体の写真を随時、募集しています)。
クリックしてね→本種標本写真へ
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ。
《産卵〜幼生期》
 産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ
食草》
 クロバナツルアズキクロヨナタイワンクズ、ハスノミカズラ。
《文献覚え書き
【2018年度発行文献より】
 ウスアオオナガウラナミシジミ;新城島(2017年投稿中)、青木一宰 八重山諸島島嶼別蝶類分布表より初プロット、八重山採集観察地ガイド;32-35.

【2013年度発行文献より

 記録のまとめ(SATSUMA 150).
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 村岡修二 石垣島でウスアオオナガウラナミシジミの交尾を観察 10
 小路嘉明 ウスアオオナガウラナミシジミ 20
 白井和伸 慶良間諸島渡嘉敷島でウスアオオナガウラナミシジミを採集 64
 米谷敦子 ウスアオオナガウラナミシジミのホメオシス 104
 小路嘉明 ウスアオオナガウラナミシジミの新食草 106
 小林克行 ウスアオオナガウラナミシジミの異常型 110
 日比野米昭 ウスアオオナガウラナミシジミの異常型 110
 新田智 沖縄島でルリウラナミシジミ,渡嘉敷島でウスアオオナガウラナミシジミ・メスアカムラサキの発生を確認 237
 白井和伸 沖縄・慶良間諸島のウスアオオナガウラナミシジミの採集・目撃記録 237
 新田智 2005年,座間味島・阿嘉島・渡名喜島でウスアオオナガウラナミシジミを記録 242