タテハモドキ

《学名》
 
Junonia almana
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 伊是名島、伊平屋島、具志川島、水納島(本部町)、伊江島、古宇利島、屋我地島、沖縄本島、宮城島(うるま市)、伊計島、浜比嘉島、藪地島、津堅島、久高島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、外地島、渡名喜島、久米島、奥武島(久米島町)、オーハ島、北大東島、南大東島、宮古島、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島(多良間村)、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、鳩間島、西表島、由布島、外離島、波照間島、与那国島
沖縄県以外の記録
 千葉県、東京都、東京都(三宅島)、静岡県、愛知県、三重県、和歌山、山口県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、長崎県(壱岐、対馬、福江島、中通島、椛島)、熊本県、熊本県(下須島)、大分県、宮崎県、鹿児島県、鹿児島県(上甑島、下甑島、獅子島、黒島、馬毛島、種子島、屋久島、口永良部島、口之島、中之島、平島、諏訪瀬島、悪石島、小宝島、宝島、喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島)
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』♀の吸水。吸蜜植物(ランタナ、キバナランタナ、イワダレソウ、チガヤ、アメリカハマグルマ、センダングサ類、カニツリグサ)吸汁(腐敗したパインの皮など、オオバイヌビワの腐果)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』写真の個体以外に1例撮影。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』。
【天敵】印です。
『撮影メモ』アマミアズチグモ?。

♂(ランタナの花で吸蜜)うるま市 2004年7月26日 ♂(キバナランタナの花で吸蜜)うるま市 2004年7月26日 ♀(腐敗したパインの皮などを吸汁)うるま市 2006年7月21日 ♂(イワダレソウの花で吸蜜)うるま市 2006年8月29日
♀(朝露を吸水)大宜味村 2006年11月25日 ♂(オオバイヌビワの腐果を吸汁)石垣島 2008年6月11日 ♂(チガヤの花を吸っている)うるま市 2010年8月24日 ♀(アメリカハマグルマの花で吸蜜)うるま市 2011年12月5日
♂(センダングサ類の花で吸蜜)うるま市 2011年12月18日 交尾(上♀・下♂)渡嘉敷島 2009年10月19日 ♂(ハナグモに捕まる)与那国 2005年6月29日 ♀(カニツリグサの花で吸蜜)うるま市(浜比嘉島) 2017年1月1日(ありんくりん通信20)
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。(これからも変異ある個体の写真を随時、募集しています)。
クリックしてね→本種標本写真へ。
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。本種は斑紋にバリエーションがあります。生態写真は、斑紋の変異が分かりやすいようにトリミングしています。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ
《産卵〜幼生期》
 産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ
食草》
 アゼトウガラシ、イワダレソウ、オオバコ、オギノツメ、ケブカルイラソウ、シーマニア、スズメノトウガラシ、ススメノトウガラシモドキ、セイタカスズムシソウ、ヤナギバルイラソウ。ヤナギバスズムシソウ(産卵を確認)。ツボミオオバコ。
《文献覚え書き
【2017年度発行文献より】
 吸蜜植物;カニツリグサ ♀ うるま市(浜比嘉島) 2017年1月1日(新田智、ありんくりん連通信20、3-5).
【2016年度発行文献より】
 三島村(竹島・硫黄島)で確認できず;(福田晴夫・守山泰司・金井賢一「鹿児島県三島村の硫黄島及び竹島のチョウ類2015年の調査結果とチョウ相成立史の検討」鹿児島県立博物館研究報告 第35号(平成28年).
【2014年度発行文献より】
 ヤナギバスズムシソウで産卵確認(日高謙次、タテハモドキ(49))矢後勝也「2013年の昆虫界をふりかえって」、月刊むし519。
 分布;浜比嘉島(初記録)、宮城秋乃(うるま市立資料館紀要、創刊号).
【2013年度発行文献より
 記録のまとめ(SATSUMA 150).
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)。
《参考資料》
【参考文献】
本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 渡辺康之 タテハモドキの異常産卵? 2
 広瀬正則 タテハモドキの異常型 16
 秋田勝巳 タテハモドキがバナナ腐果で吸汁 23
 福田竹美 山口県光市でタテハモドキを採集 29
 樋田光 吸蜜するタテハモドキ秋型 31
 塚越章雄 タテハモドキの異常型 35
 溝上誠司 イネ科植物の一種で吸蜜するタテハモドキ 70
 岩田靖 タテハモドキの白化異常型 102
 小林幸雄 タテハモドキの異常型 110
 森脇梅造 タテハモドキの異常型 140
 岩田靖 宮崎県南西部のタテハモドキ―近年の内陸部への分布拡大傾向について― 152
 高橋英樹・古川雅通・那須尚子永渕成樹・松本重陽・吉村幸祐 1999年に佐賀県で採集したタテハモドキについて 164
 野田悦宏 熊本県菊水町でタテハモドキを観察 164
 柳田恒一郎 タテハモドキの四季 166
 島田洋 1月に佐賀市でタテハモドキを目撃 166
 柳田恒一郎 稲の葉上で翅を閉じて静止するタテハモドキ 166
 柳田恒一郎 田圃の縁の雑草上で翅を開いたタテハモドキ 166
 奥山輝彦 佐賀市のタテハモドキの採集・目撃記録  168
 栗山定 五島列島で採集されたタテハモドキ 174
 坂田昌彦・坂田時男・木下マス子 熊本県鹿本郡鹿央町におけるタテハモドキの観察 182
 山崎泰 福岡市西区に発生したタテハモドキについて 190
 長崎二三夫 久留米市近郊にてタテハモドキを目撃 187
 栗山定 五島列島のタテハモドキ 198
 奥山輝彦・坂井文雄・石松秀利・高橋英樹 佐賀県におけるタテハモドキに関する調査報告(2000年) 199
 山崎泰 2年ぶり,福岡市でタテハモドキを採集 202
 奥山輝彦 ジュズダマの葉上で交尾中のタテハモドキ 203
 奥山輝彦・坂井文雄・石松秀利・高橋英樹 佐賀県におけるタテハモドキに関する調査報告(2001年) 206
 野村保 佐賀県佐賀市におけるタテハモドキの観察について 255