パグ・イタグレのブリーダー 犬の里親・里子 ドッグ・ブリーダー イタリアングレーハウンド(イタグレ)ブリーダー
お育ての上必要な事ですので、注意して必ずお守り下さい!!


1.獣医師(動物病院)は選びましょう。
  不安だったり、信用が薄らいだのなら、すぐに病院を変えて下さい。
  人間の医者でも、医療ミスは大量に発生しています!
  魚、鳥、爬虫類、哺乳類、、哺乳類専門でも猫、猿、鼠、犬…  全てを診られる
  のです。
  眼科、歯科、内科、外科等専門医でもない、たった1人の獣医師が全てを診療する
  のです。
  医療ミス、診察ミスは当たり前とお思い下さい。
  人間ですら当たり前になっているセカンドオピニオンも必要です。
  余裕があるのでしたら、最初の獣医に受けた診断を黙って、他の獣医に診察頂く方
  法をお薦め致します。
  驚くほど、診断結果に違いが出てどちらを信じれば良いかと悩む場合も多いものです。

2.弊舎の許可の無い、治療・入院・手術等の医療行為に関し、治療費等は一切お
  支払い出来ません。
  ご家族に迎えられて早々であろうとも、お支払い出来ませんのでご注意下さい。
  お引渡し後24時間以内で、仔犬の状態に納得できない場合は、異議を申し立て
  て下さい。
  獣医師の診察により、治療・入院・手術が必要と診断された場合、必ず弊舎に連
  絡頂き、指示ないし許可を得て下さい。
  状況によっては、一旦弊舎にお戻し頂き、弊舎掛かり付けの獣医師による治療(入
  院・手術等)をさせて頂きます。
  獣医師からの緊急を要するとの診察でも、弊舎の許可なき場合は、一切の治療費
  等お支払い出来ませんのでご注意下さい!

  *私達の納得できない治療により、数匹もの仔犬が、亡くなったり、生涯残る障害を
    負い、過度な治療、異常に高額な治療費の請求等を受けました。
    医療費詐欺の暗躍も業界内では囁かれております。
    この様な事例を無くしたい為、どのような状態でも、どなた様にもお支払いの要望
にお答え致しません事をご承知願います。

3.寄生虫に関しましては、定期的な駆虫を行っております。
  しかしながら、近くの河川敷がワンコ達の散歩コースとなっており、タイミングによっては
寄生虫を拾ってしまう場合がございます。その際は、ご勘弁願います。
  大量の犬達を散歩させるものですから、交通事情や犬達のリラックスして喜んでいる
  姿を見るとコースを代えられません。
  十分注意して駆虫に勤めますが、お外のお散歩時やドッグラン等ではこの様な事例
  があることも承知下さり、定期的(年に一度とか、糞に虫が出たら)など駆虫をお薦め
  します。
  回虫や線虫、条虫等でしたら、市販の簡単な薬で対処出来ます。

  元々、子犬のお腹には様々な虫類が存在します。
  弊舎では、御引渡しの前に駆虫をしておりますが、完全に落としきる事は出来ません。
  輸送や、兄弟犬と離れて1人になったストレス、他の理由で抵抗力が落ちる場合、
  発症する恐れのある悪玉菌のような原虫があり、(流通の激しい昨今、犬はこのよう
  な悪玉菌を少量持っている場合があると聞いております。または、少量が逆に免疫に
  なってる場合もあるそうです)子犬の抵抗力の低下によって、このような原虫(コクシジ
  ュウムやジアルジア等)の影響で便の状態が悪くなる事があります。
  そのような俗にいう日和見感染のケースについての保証は出来ません。
  その際は、御手数ですが飼い主様の方で獣医師による必要な駆虫、投薬等の行っ
  て下さる様にお願い致します。

4.下痢について。
  仔犬のお引渡し後、その日の夕方から数日間は特に下痢(軟便)をしやすくなっていま
  す。
  ウンチの状態を診てお引渡しを致しますが、環境変化によるストレス、フードの変化
  (種類、量、ふやかし加減等)、寒さや暑さ、ママや兄弟達と過ごしていた生活が突然
  1匹になってしまう不安等により引き起こされます。
  食事の量を減らして、ビオフェルミン等の整腸剤がございましたら与えて下さい。
  下痢だからと言ってお水を控えることはなさらないで下さい。脱水症状の要因となりま
  す。
  発症の翌日も続くようでしたら、信頼できる獣医師に診て頂く事も良いと思います。

5.ペット専用の医療保険について。
  ペット専用の健康保険が多くの保険会社より販売されております。
  ペットショップやインターネット等から簡単に資料請求や問い合わせ、ご契約が出来る
  ようです。
  ペットの医療費は想像以上に高価です。
  5万、10万当たり前、治療の為の手術を受けると20万円の医療費ですら普通に
  請求される場合があるとお考え下さい。
  理由は人間と違って「国民健康保険」がない事と、動物病院によって医療費が違う
  (統一すると独禁法・獣医師法等により処罰されるのです)為です。
  人の場合は高価と言っても3割負担(70%免除)なのです。
  ペットの場合は全額実費負担となります。
  各保険会社ともサービス内容や負担額の割合や契約内容が違います。
  昔に比べ、実績も信用もある保険が増えました。
  数社より資料を取り寄せられ、真摯な検討をお薦め致します。

6.心配事、不安、質問等。
  お気軽にご連絡を下さい。
  仔犬は人間の赤ちゃんと一緒です。元気になる時も早いのですが、具合の悪くなる時
  も驚くほど早いものです。
  早めの対処によって簡単に良くなるケースがしばしばあります。
  私共は睡眠の際も枕元に電話を用意してあります。
  24時間いつでも結構ですから、何かありましたらご連絡下さい。
  怪我や病状のご質問でしたら、シャメール等でも結構です。簡単にお写真を写して頂
  き合わせてお送り頂ければ分かり易いと存じます。


  自宅    055−279−8225
  携帯    090−3510−9663
  e-mail   puppy@mx3.nns.ne.jp
  携帯e-mail   puppysmama-wonwon@ezweb.ne.jp

  パピーズママ  丸山淳子

パグ・イタグレ
 ブリーダー
TOPに戻る

譲渡証明
売買契約書

初めての
飼育セット

飼育に関する
予備知識

確実に
生命を脅かす
事例