髭じじーの山便り!
氷ノ山 大段ケ平ルート 山スキー

兵庫県養父市
2009年4月5日

氷ノ山へ 山スキーに行って来ました
私には新ルート 旧大屋町横行渓谷から入山して 大段ケ平ルートで氷ノ山へ

このルートは 一昨年秋に下見したルートで 無積雪時は 大段ケ平まで車で入れ 最も楽な歩きで山頂に立てるが 積雪期は横行からの長い林道が問題だ
厳冬期だと 約9kmの横行林道を歩いて大段ケ平へ・・
林道を車で登れるようになると 山スキーが出来るほど雪が残っていない
山スキーが出来るほど雪が残り 林道の雪が融けて林道上部まで車で入れるタイミングの時が狙い目だと思っていた

「氷ノ山 大段ケ平 山スキー」でネット検索すると 一昨年の下見山行がトップで表示され このルートで登られた情報が見つからない
それが 何時も拝見しているyukigoniaさんが 先日登られている
早速何処まで車で入れるか問い合わせると 「林道の半分位まで入れる」と教えてもらう
チャンスだ・・・
先週の 野田ケ山の時の足の状態では 山頂まで登れるか不安だったが 行ける所まで登ろう・・

4:10 自宅を出発  ガソリンを入れ コンビニで食料を調達して高速へ
     以前は 高速道深夜割引のゲットの為 3時過ぎには出発していたが 今回は遅くなった
6:16 山陽道 龍野ICへ
     山崎からR29号を通り戸倉で右折 おおやスキー場の下を通過して横行林道へ
     最奥民家の先に 大段ケ平まで9kmの標識  そこから4.4kmくらい走行した所から路面に雪が現れる
7:55 車の轍と雪の切れた道路を 400m位進んだ所で駐車
     準備をして 先週の反省から 入念に足のストレッチ・・・
8:35 すぐ先には 路面の雪切れが見え スキー板を担いで出発

横行林道  最初は雪があるの??
途中落石があちこちに・・  雨の時はヤバイかも・・

林道を4.8km これ以上進むのは無理だ
雪道走行目的の轍はあるが・・ 

雪がつながってない・・  板を担いで出発

何時もの 記念撮影(笑)

9:10 板を担いで35分歩き (板が重かった・・)
雪がつながったようなので山スキーで歩く  

スキー姿の 記念撮影(笑)

横行渓谷  綺麗な渓谷ですよ

9:45〜50 林道分岐まで登りました

林道には シカの足跡がいっぱい
下見に車で走った時にも目撃した記憶がよみがえる
口が届く枝は 皮が綺麗に食べられていた

あれれ・・・ 雪が切れて・・・
仕方なく 板を外して担いで通過

10:15 長い 長ーい林道を歩き 大段ケ平登山口へ

ポカポカ陽気で 東屋横ベンチで休憩

10:40 ゆっくり休んで 大段ケ平から出発
      木曜日には雪が降り 先週のトレースは消えているはず  
      昨日は雨なので 入山者は無いはずなのでトレースの無い雪面を歩けると思っていたが
      スノーシューとスキーの跡があった
11:17 大屋町避難小屋 手前の急登は雪解けが進みネママガリダケが出ていて 夏道を登る
      氷ノ山らしい 広々とした雪面を気持ちよく登る
11:42〜52 神大ヒュッテ  この辺りのブナ林は素晴らしい!!
12:27 氷ノ山 山頂着        

最初は 緩やかな斜面の雑木林帯を登る

あれが山頂?? 
その前に 右の雪切れ斜面を登るのかな?

やっぱり 登るようだ・・・・

ネママギダケが起きて  夏道を登る
下りは大変だな・・・

急登を登ると 広い斜面に

大きなブナも現れる

あと2km 思わずニコ・・(笑)

大屋町避難小屋
ここでは 下見山行の時 クマ騒ぎの思い出が

悪天候時の目印になるブナ
このブナから右方向へ下る

神大ヒュッテが見えてきた  ブナ林も綺麗です!

滑りが楽しみだ

杉林を通り・・

ハチスキー場は 雪が無くなっている

ワオー・・・  これが氷ノ山だ!!

振り向くと 真っ白い雪原  右奥遠くに大段ケ平が見える

古千本杉かな?

山頂だ!!

12:27  氷ノ山(1509.6m)山頂着

山頂には2パーティー10名ぐらいの登山者と 2人の山スキーの方だけで その後数名の方が登って来られただけで静かな氷ノ山

まだ真っ白の三ノ丸 その奥遠くに薄っすら見える東山 そして扇ノ山 パノラマを楽しみながら のんびり・・・

姫路から来られた御夫婦の方と おしゃべりしながら 下山の準備
改めて 念入りにストレッチ・・・

13:30 下山へ

真っ白のキャンバスに 気持ち良いラクガキの開始です(笑)  

山頂からのパノラマ

三の丸

若桜氷ノ山スキー場には 雪が残っていた

行きたいなぁー   扇ノ山

氷ノ山越へのルート

山頂からのラクガキ

13:37  あっと言う間に 神大ヒュッテまで滑る

13:45  大屋町避難小屋へ一滑りで到着 
       足が またまた吊りそうになり 小屋の中へ入って ストレッチ&モミモミ・・・
14:00  足が回復したかな?・・・  Go・・・
       登りのトレース沿いに 滑り下り 問題のネマガリダケ急斜面へ
       部分的に 階段歩行下山して 無事通過
       このルート唯一の ほんの少しの登りをクリアして
14:18  ダラダラ傾斜の雑木林を直滑降して 大段ケ平に到着
       トレースが・・  誰か登られたようで 私のトレースの上にショートスキーのトレースが
       下山出発の時 山頂小屋に到着された方だったのかな?
14:22  林道滑りへ・・・・・
       10m位の雪切れ地点は スキーを履いたままパタパタ歩き
       その先の 長い雪切れは 板を外して下る
14:36  分岐まで 滑り下りる
       長い 長ーい 林道も 帰りはラクラク!!
       立っていれば スキーが滑って ドンドン進む・・・
14:51  長い雪切れ地点前で スキーは終わり
       板を担いで  ヨレヨレ歩きで・・・・
15:16  下山しました

大屋町避難小屋 内部です

外に出ると 真っ青空に 飛行機が

避難小屋から滑る・・・

問題の所へ  左奥の白い所が大段ケ平です

蟹歩きで下りる

唯一の だらだら登り返し

大段ケ平に帰る

林道を 滑り下りる

ここから歩きだ・・・

15:16 無事 下山しました

横行 大段ケ平ルートからの氷ノ山  良いコースでした
天気 雪質 雪の量 登山開始地点  どれも最高の条件だったのではと思います
林道上部では 大い所では積雪が1m近く残っていて 車で大段ケ平に入れる頃では やはりスキーが出来ないでだろう

氷ノ山は 程好い傾斜の広大な斜面が多い 軟弱者髭じじーには ぴったりの山スキーエリアだ
しかし 三原からでは チョット遠い  登山口まで4時間弱  今回の車の走行距離はジャスト往復500km
問題は体力だが また頑張って行きたいな・・・・

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2009年へ
髭じじーの山便り!