髭じじーの山便り!
星生山〜久住山〜中岳〜稲星山〜三俣山

大分県九重連山
2017年6月9日

大曲〜星生山〜久住山〜天狗ヶ城〜中岳〜稲星山〜白口岳〜法華院〜スガモリ越〜三俣山〜大曲を歩きました

くじゅう二日目は 夜明け前に長者原で目覚めた 登山口の大曲へ移動 朝食を済ませて 登山準備・・・ 
ところが 長者原で済ませたトイレだったが・・ 再び長者原へ戻りトイレへ 30分のロスタイムになったが スッキリした

5時40分 出発   
星生新道入口に あれれ 「植生保護及び事故防止のため 通行をご遠慮下さい」の看板が  知らなかった
どうしよう・・・ 「ゴメンナサイ」と言って 通行させていただきました

朝日の方向に 由布岳

星生山 北斜面は ミヤマキリシマの絨毯だ 凄い!
陽が当たれば もっと もっと凄いだろう!!

7:05〜13 星生山(1762m)山頂
素晴らしい 360度のパノラマを楽しみました

今日の展望は凄く 雲仙普賢岳がはっきりと見えました

今日最後に登った 三俣山    昨日登った 平治岳〜大船山です

この後登った 久住山〜天狗ヶ城〜中岳〜稲星山です
カシミールで調べると 久住山右側後方の山は 大崩山のようです また登りたい山です

根子岳(左) と 阿蘇山です

星生山からは 尾根ルートで久住分れへ行こうかと思っていたが 扇ヶ鼻が綺麗だったので そちらへ向かった
扇ヶ鼻へ登ろうかと思ったが 朝の30分ロスが頭をよぎり また以前登った事が有ったので通過

8:02〜8:20 久住分れ 100円払ってトイレへ
ここで 高知から来られた方と 大話・・・ (笑)
南九州方面の山々を登られて来られたようです
正面の山が これから登る久住山です

星生山からは 三俣山の左に見えていた由布岳が
右に移動した (マウスを上へ)平治岳のズームです

8:45〜9:15 久住山(1786、6m)山頂
九州の全ての山が見えるようなパノラマでした
そして 四国の 石鎚山も見えました!  

9:35 天狗ヶ城

9:54〜10:03 中岳(1791m) 九州本土最高峰
久住分れ以降 各山頂で大話していた高知の方は 牧ノ戸へ戻られて分かれた 楽しい時間でした!

これから登る 稲星山を撮影すると バックに山並も写っていた カシミールで調べると 傾山 大崩山 祖母山でした
傾山は2回訪れたが お昼寝&雨で途中で断念した 登りに行こう・・・・

10:27〜44 稲星山
初めて登ったと思っていたが 2005年に登ってました

稲星山 南斜面はピンクの絨毯だ
遠くに見える阿蘇山迄の間は 平らな平原のように見える
この景色は 中国地方では見れない

11:18 白口岳

ここへ登る手前の 稲星山との鞍部で
戸惑っている方に会った
中岳と稲星山との鞍部から法華院へ行く登山道が有る
私もエスケープルートと考えていたが 通行止めになっていた
その方は 通行止めだったので 稲星山経由で来られたが
ここからどちらへ?? されていた
稲星山でもお会いし こちらへ迂回された名古屋の方も来られ
地形図で説明して みんなで白口岳を目指した

この後登った 三俣山

11:56〜12:12 鉾立峠
「凄い急な下りだったなぁー」 次々に下りて来られ
皆さん同じ感想だった

法華院温泉に近付くと 遊歩道だ

12:33 法華院温泉
久し振りだ 2006年正月以来だ

北千里ヶ浜を歩き スガモリ峠分岐へ
稲星山から 山頂・峠毎にお会いし 法華院から
ご一緒した 牧ノ戸峠へ帰られる名古屋の方と分かれる

13:27 スガモリ峠
まだ時間は有る 三俣山を目指す

14:15〜33 三俣山山頂
ここは 初めて登りました!

15:20 スガモリ峠へ戻り 車道を少し通り下山へ
星生山 北斜面 チョット逆光だが 凄い!!
平治岳より こちらの方が絨毯が広大な気がする!

16:07 無事下山 
ここで 昨日以上の偶然が 北千里ヶ浜まで一緒に歩いた
名古屋の方と バッタリ! 私が道路を横断しようとしていた時に 牧ノ戸峠へ下山して車でこちらへ 凄い偶然に驚きました

今日は ピークハントの山歩きになった ついでに 扇ヶ鼻・立中山にも登れば良かったかな・(笑)
とにかく 天気が良くて 秋のような遠望が楽しめた

片付けを後回しにして 直ぐに長者原へ   温泉へ直行した 時間は16時25分  
セーフと思ったが 「16時30分で温泉は終了です・・・」・  受付終了時間だと思っていた
また 筋湯へ・・・

明日は 牧ノ戸峠から黒岩山だ    牧ノ戸峠で スヤスヤ。。。。。。。

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2017年へ