髭じじーの山便り!
指谷山〜指谷奥 お昼寝登山

島根県民の森
2008年7月6日

島根県民の森 指谷山へお昼寝をしに行って来ました(笑)

昨年の同じ時期に 島根県民の森 指谷山〜指谷奥〜草ノ城山と周回しようとしたが 雨の為 指谷奥手前で断念
リベンジに出かけたが 真夏並みの暑さで返り討ち・・・ 指谷奥の先でお昼寝をしてしまいました(笑)

6時過ぎに 三原出発
久井町で いつもの ちらし寿司とかしわ餅を仕入れ かしわ餅を食べながら島根県民の森へ

8時20分 県民の森指谷山ゾーン研修館前に到着  
自転車を 草ノ城山からの下山道 祖父釜谷ルート登山口へデポして置こうかと迷うが デポしておくと 軟弱者はまたまた途中断念になりそう  後悔しそうな予感はしたが(笑) デポせずに 8時45分出発

島根県民の森
草ノ城・琴引山・指谷山ゾーン 研修館

研修館の奥から 木地屋谷ルートへ

     ルート図です

登り始めは ブナ・ヒノキ林
登山口の案内版では 樹齢は101歳
写真の上にマウスを

朝から暑い・暑い・・・
汗が噴き出て 足が進まない・・

スギ・ヒノキ林を登ると
ブナ林へ  素晴らしい!

鮮やかな  ヤマアジサイ
今日はいっぱい見ました

ドクダミ

癒しのブナ林

9:40〜52 木地屋谷展望台

島根&広島県境です
広島県側の展望が開けます

正面中央の三角錐のかっこいい山は
旧口和町の八国見山です
初めてここへ登った時 あの山は??
帰ってから 地形図を並べて広げて調べた
何時か登ろう・・・
昨年9月 八国見山にやっと登りました

指谷山縦走路

アカショウマ

10:00〜04 指谷山(967.2m)

展望ダメですぐに通過

マウスを上に
縦長写真をロールオーバーしたので
横に伸びた変な写真になりました(笑)

    ?? 
クモキリソウのようです

ロープ付きの 急坂の下りです

大きな花が咲くのかな?
大きなウバユリが咲くようです
昨年大山の鳥越峠の先で見た記憶が

指谷奥に近づきました

10:45 杉ケ谷ルート分岐

昨年は ここで縦走断念して下山へ

今年は 暑いが 縦走路はほとんど樹林帯の中で
日差しは遮られていて 心地良い風も吹いている
幸いにも 大嫌いな長いニョロニョロにも出会わない
前進・前進・・・

11:13 指谷奥(1047.8m)

ここも展望が無く通過

11:16〜46 ウトウト
指谷奥の少し先で 休息
暑い時の楽しみ コーヒーシャーベットを食べ
ちょっと横に・・
ブナ林のこもれびの写真をパチリ・パチリ・・
目を閉じると ウトウト・・
15分位 記憶喪失(笑)

ブナ林のこもれび
マウスを上へどうぞ

目覚めて 縦走路を前進

猿政山がやっと見えました

??花

            猿政山〜比婆山 方向のパノラマ
指谷奥までの縦走路では 東方向の猿政山などは指谷奥に遮られてよく見えない
(注)毛無山は比婆山のではないですよ 猿政山の隣の毛無山です

大きなブナ林

歩く予定だった 草ノ城山 和恵縦走路

大万木山です

明眼寺谷ルート分岐

12:25〜13:40 明眼寺谷ルート分岐

お昼寝した場所です(笑)

何時もの 久井のおばちゃんのちらし寿司を食べて
お腹は満腹 満腹・・
左のブナに寄り掛かると すやすや・・・
もう少しと 銀マット広げて横になると
ぐう ぐう・・・ (夢の中へ)

1時間近く お昼寝をしていました(笑)

あぁー あぁー  またやってしまった
どうしようかな・・
草峠へは 超急登
ここから下りれば 下りだけ(車道歩きが長いが)
軟弱者は やっぱり下りを選択
明眼寺谷ルートは 歩いた事が無いし(軟弱者の言い訳)

短いが 明眼寺谷ルートは 凄い急な下りでした

ブナ林を下ります
超急坂です 登りたくないルートです

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2008年へ

急坂を下るとハシゴが
林道小田線に出ます

○○だったようだが 思い出せない(笑)
ミズタビラコです  教えてもらいました

ヤマアジサイは いっぱい咲いている

林道沿いは 花々が・・・

ウツボグサ
これにも虫が食事中

虫が・・・

14:08 林道小田線から草峠からの車道へ

そこには 「研修館 4.2km」の標識
この炎天下 舗装道路をトボトボ・・・
思っただけで 頭がクラクラしました
唯一の期待は 車が通らないかなぁー・・・

あと3km 杉ケ谷ルート分岐
マウスを上へ  今年3月です

あと2.2km 祖父釜谷ルート分岐
マウスを上へ 雪の時です
ここへ自転車をデポしようかと思ったのに・・(涙)

今年初のトンボ

河原に下りて 頭に冷たい水を・・
きもちいい・・・・

15:18 研修館へ下山

期待した車は すれ違った3台のバイクと車が1台
後ろからは 1台も通らなかった(笑)

お昼寝した為 またまた途中断念
単独行の気楽さ 休みたければ休み・・
眠たくなれば寝る
こんな山行も良いのでは・・・
いや 
暑い時は こんな山行ばかりになっているような・・(笑)

指谷山へは これまでに何度か歩いているが
まだ他の登山者に会ったことが無い
ブナ林を静かに味わうには良い所だ


帰りに いつもの加田の湯で汗を流して帰りました

髭じじーの山便り!