髭じじーの山便り!
吾妻山 山スキー

広島県旧比和町
2014年2月9日

昨年のリベンジで 吾妻山へ行って来ました
実は 広島山岳会の皆さんと恩原三国山へ行く予定でしたが 南岸低気圧で8日朝から大雪
中国地方の高速道路がほとんど通行止めになった その為に恩原三国山は中止になった
山スキーを新しく買ったとメールが届いていた つよしさんを誘って 急遽変更して吾妻山へ行く事にした

8日早朝 三原市は 久し振りの積雪
開脚パラレルのラクガキを描きました(笑)

山陽道は通行止め 国道2号線下りは駐車場状態
日名内峠で登れない車がいるのかな?
日頃雪が積もらない三原市内 すこし積雪すれば大変です

9日 6時30分頃 三原を出発

三原市内です  バリバリです 滑ります 恐い・恐い・・

比和の街の手前です 路面には雪が無い

昨日の雪は 南岸低気圧が降らせた雪 瀬戸内沿岸部は大雪だったが 県北の雪は少しだけだったようだ

国道から吾妻への分岐辺りから吾妻山が見える
残念ながら 吾妻山は雲の中だ
マウスを上へどうぞ 登山口少し手前から見た
旧ドルフィンバレースキー場の上部です

旧スキー場入口の登山口に近付くと 道路の積雪も増えてきた 右奥に見える山が 比婆山御陵です

9:00ごろ 登山口へ到着
つよしさんは 少し前に到着  3年前の三瓶山以来だ

準備をしていると 雲の中から吾妻山山頂が顔を出した
マウスを写真の上へどうぞ 真っ白い吾妻山です

9:38 出発

カーブミラーがあれば やっぱり記念写真をパチリ

10::03 昨年のびへいさんに教えて頂いた
    ショートカットルートへ

10:27 車道へ復帰
      真っ白い道路を進む・・・
      何故だか 今日はうさぎなどの足跡が無い

10:42 ここから右の樹林帯へ
      昨年は沢の手前から入って 枝沢に苦労した
      今回は昨年滑り下りた 沢の先から入る
      枝沢は無い筈だ

最初は 針葉樹の植林帯を登る
枝打ちされていて 滑りも楽しめる所だ

植林帯を抜けると 
大きな木ではないがブナなどの広葉樹林帯へ

11:52 横田別れの鞍部へ もう少しの所で 横田?から登られたテレマーカーの方が先に行かれた

大膳原へ登ると あらら 吾妻山は雲の中

大膳原の小屋分岐は通過 時刻は12時を過ぎていたが
今日は 山頂へ・・・・ 
頑張って登っていると 山頂が顔を出してくれた

振り向くと 比婆山最高峰「立烏帽子山」が見えた(中央奥の山)
左側の 烏帽子山&御陵は雲の中だ 右の池ノ段 その右下への白い線はスキー場跡だ

12:42 あそこが山頂だ  
もう少しだー いやマダマダダァー

先行された方が 華麗なテレマークターンで下りて来られた
もう山頂へまで登られて  早いなぁー

雲で隠れていた 福田頭 
そして1200m無名峰が見えてきた

風で雪が飛ばされて ガリガリの斜面を慎重に登る
山頂南側の登りや易い所から南尾根へ

尾根へ登ると 反対側の
冬季休業中の吾妻山休暇村が見える
宿舎の屋根に雪が無い
今回の雪は こちらには少ししか
降らなかったようだ

30年位前頃は 初雪便りはこの休暇村から届いていた
週末にテレビのニュースで 初雪便りを聞くと 直ぐに来ていた
写真右の白い斜面 小坊主でラクガキ
担いで登り 一度滑ると 芝生が現れる・・
ラクガキではなくて 雪かき滑りでしたね

また3月になると 板を担いで山頂へ
大膳原を滑るラクガキも・・・

懐かしいですね

13:09 吾妻山(1238、4m)山頂

吾妻山 山頂へ

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2014年へ

島根県横田大峠から登って以来 5年振りの吾妻山だ 
その時はガスで視界不良 雪面はガリガリのアイスバーン ラクガキは大変だった

今日は 視界良好 山頂直下以外は新雪も載っている
暖かいコーヒーといなり寿司を食べながら シールを剥がし滑りの準備
あれれ・・・・  いつの間にかガスが 周りはボンヤリ視界不良に

13:43 大膳原へラクガキスタート

ガスが酷くて 雪面の様子が見えない

振り返って見ても ラクガキが見えない

標高が少し下がり 少しだけ前が見えてきた
滑る気になり新雪へgo-  雪は重い
足を取られて 頭から突っ込む大転倒
左の写真は その跡です

マウスを上へどうぞ
つよしさんにフォーカスされていました

大膳原を滑り下り 樹林帯へ
足に疲れが。。。。
ヨレヨレでラクガキ

14:29 車道へ下りてくる

14:54 無事下山しました

最後の車道の滑りは 足が攣りそうで・・・
休み 足をモミモミ 滑る 休む モミモミ 滑る・・・・・
トレーニングしないとダメですね

つよしさん お疲れ様でした
一人だったら また途中敗退だった ような・・・

後片付けをしていて 吾妻の方向を見ると
雲が取れていた(苦笑い)

次の雪山は どこへ行こうかなぁー・・・・・