髭じじーの山便り!
ギガラ山〜恩原三国山 山スキー 2012

岡山県旧上斎原村
2012年3月11日

お気に入りの山 恩原三国山へ 広島山岳会さん達10名で行って来ました

皆さんは 中国道美作追分PAに前夜に到着してテント泊 私は早朝4時前に出発して6時頃追分Pへ到着
6時30分頃 6台の車で追分Pを出発  事前に鏡野町に問い合わせていたように 最奥民家先のバス旋回場までしか車では入れなかった
8時21分 準備をして出発

登山口

花粉が・・(涙。。。)  マスクをして出発
早速何時もの記念撮影 マウスを上へどうぞ

積雪はタップリですが 春は近付いて来ています

8:56〜9:04 岩井滝P
トイレは 雪の滑り台です

積雪量観測橋 まだ2m近く有りそうですね

9:43〜55 分岐地点 雪が降りだした
ギラガ経由で登るので ここから急登の尾根へ
私は クトー(スキーアイゼン)装着

ここも登ります

10:39 恩原牧場からの稜線へ出る
谷から尾根に出たので 北風がビュービュー 寒い

風上に向かって エビのしっぽが成長しています

広い尾根を 1192mピークに向かって登る

1192mピークへ 鳥取県側にはセッピ

一瞬視界が開けて 1200mピークが見えた

1番尾根を見ていると 雪崩跡だ
マウスを上へどうぞ

雪崩た後に その上にまた積雪したようですね

1番尾根は 南側には近づかない方がいいですね

ギラガ山へ

ギラガ山頂は 雪煙が 風が強そう・・・

11:40 ギラガ山(1247、7m)山頂

時々突風 寒い

昨年は360度のパノラマだったのに
今日はやっと恩原三国山だけ確認出来ただけだ

桜じゃなくて 
雪の花が満開です

鳥取県側は 割れ目だらけだ

強風が吹けば 雪煙が  幻想的です

もう少しだ山頂だ

振り向くと ギラガ山がぼんやり見える

12:00〜35 恩原三国山(1213m)山頂

バタバタしていまして 工事中で一か月の中断
続きを作成しようとしたが 記憶が薄れて。。。
思い出しながら作成します

昨年は 快晴で氷ノ山がバッチリ見えたが
今年は ゼンゼンダメ
山頂は北西側が樹木が有るので風が遮られて寒くない
昼食(私は何時ものバナナ他)食べて お楽しみの滑りへ

固い斜面の上へ 少しだけ新雪が有り
滑り易いのだが 足が・・・ 引き攣る

休み・休み・・ 1200mピーク手前の鞍部へ滑り下りる
足をモミモミ・・・ Yさんから特効薬を貰い飲む
板を担いで 一歩一歩ゆっくり登り 1200mピークへ

1200mピーク

ここからの滑りは 一番の楽しみだが
足が滑りに耐えられるか不安

特効薬は 凄い即効性があり 滑り始めは大丈夫だった
だが 少し滑ると 足が・・・ ヤバイ ヤバイ
滑る・休む・モミモミ・滑る・休む・モミモミ・・・・

どうにか 1番尾根を滑り下りました

滑り下りる大斜面です

何時もの 3番尾根は 大木の所から右へ
1番尾根は 左側の斜面へ
10年位前に 一度滑り下りた記憶があります



一番尾根を滑る

振り向くと 右奥にギラガ山が見える

一番尾根は 最後は樹林帯になり
北側の急斜面を滑り下りる

この時だけは 何故だか足は大丈夫
少し新雪が有り 滑り易かった

その後の 長い林道滑りは大変
同じ姿勢で滑るのが 足には苦痛
皆さんに先に行ってもらって
最後に やっと登山口へ帰りますた

14:24 どうにか帰る

時々足が攣る
毎週雪山通勤している時は問題ないが
間隔が開くとヤバイ事が多いようだ
準備運動も 関係あるような気がする
毎週通勤したいのだが・・

遅れて御心配を掛けました
広島山岳会の皆さん ありがとうございました

参考図

赤線を登り
青線を1200mピークへ

黄線の1番尾根を滑りました

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2012年へ
髭じじーの山便り!

過去の恩原三国山の記録です
      2011年2月のレポ
      2009年2月のレポ
      2006年3月のレポ

誘っていただいた
Yさんの記録です