髭じじーの山便り!
恐羅漢山 台所原 山スキー 080210

広島県旧戸河内町
2008年2月10日

恐羅漢山へ 山スキーに行ってきました。

広島山岳会さんの山行に お誘いして頂いて 同行させてもらう事になっていた時に 横浜のぽちさんより 「博多に入港し 9日〜10日に広島の山へ・・・」のメールが・・
前夜から広島山岳会さんの山小屋に ぽちさんと共々お邪魔させてもらい 美味しい・美味しいカキ鍋・殻付カキをご馳走になりました!! 広島山岳会さんに 感謝・感謝の山スキーでした

恐羅漢山では 先週遭難事故が発生 幸いにも全員無事に生還されました
入山に辺り 事前に恐羅漢山スキー場に連絡を入れました
それによりますと 恐羅漢山スキー場としては 山スキー登山の許可を出すとかの権限もないし 今のところ山スキー登山禁止はしていません
ただ この地域のスキー場の連絡会?で 今後の対策を協議する事になっているようです
今後どのように成るかは??です

今回は 氷ノ山に山スキーや登山するときに 鳥取県側の 若桜氷ノ山スキー場からリフトを使って入山する時には 必ず入山届&下山届が必要で その事を説明して 恐羅漢山スキー場に登山届を出して入山しました

美味しい 美味しい カキです!!!

夜明け前の 恐羅漢山スキー場

リフトで・・・(笑)

ここから登ります

十方山が見えます
予報以上に 青空が現れて!!

真っ白になった 深入山も見えます

おとぎの国の ツリーです!

もう少しで山頂です

広島山岳会のYさんが ハイビジョンビデオ撮影
登ってくる所をねらって・・・
前に 後に・・・ 大変です(汗)

出来上がりが 楽しみです!

広島県最高峰 
恐羅漢山(1346.4m)へ

リフトのお世話になったので
ラクラク山スキー登山ですが(笑)

昨年 旧羅漢山でお会いした
広島県山岳連盟登山教室の方々が
帰ってこられた
昨日から入山して 旧羅漢の先で
キャンプされたようです

シールをはがして 台所原へ
お楽しみの滑降へ・・・

山スキーの皆さん &
登山教室メンバー

滑る 滑る 滑る ・・・・・
上部は まだブッシュが残っていてもう少し雪が欲しい
中間部からは 快適 快適 快適・・・
やや重の新雪ですが 思わず声を出して 新雪を蹴散らす (今日は一人ではなかったのに・・笑)

0(*^−^*)0

皆さんも ガンガン滑って・・・

上を見れば  素晴らしい!!

みんなで ラクガキだらけに・・・(笑)

台所原へ滑り降りて 少し休憩
シールを貼り付けて 林道を 約1時間登り返す

林道終点から 林の中を登る
うさぎの足跡を見ながら・・・

もう少しで 稜線へ
恐羅漢山方向へ 少し登り
右の巨樹の所から 左の小さな尾根へ

シールをはがして 滑降へ・・

最後の滑り・・・  天気が良かったので 雪が 重い・重い・・
ヨレヨレで 滑りました(汗)

ビデオカメラに向かって滑る・・・
カメラを意識すると 足が乱れて・・・(汗)

みんさんも ガンガン滑って・・・・

トンネルを潜って・・

ゲレンデ下に帰りました

楽しい 山スキーでした!!

天気にも恵まれ 雪にも恵まれ
思い出に残る 一日になりました

ぽちさん 楽しかったですね
また 一緒に滑りましょう

広島山岳会の皆さん お世話になりました
ありがとうございました!!
また 誘ってください

今日のルートは 一昨年と同じです
ルート図は そちらをご覧ください 

路面の雪が融けていたので
内黒峠越えで帰りました

正面が国設おそらかんスキー場
その上が 恐羅漢山

右が 恐羅漢山スキー場です
右端のカヤバタゲレンデから登りました

臥龍山です

深入山です

つつが温泉に入って
足をモミモミして帰りました

何度も 寄っているのですが
フロントで JAFの会員ですか?
会員証を示すと 割引料金で入浴出来ました

もうかった!!
と思った次の瞬間 
今までなんで教えてくれなかったの?・・

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2008年へ
追記

ぽちさんから 写真を送ってもらいました
滑っている写真です

少しだけ 我流の滑りを・・・・・

枝を避けてか?  バランスを崩して?

雪煙を上げながら・・・

雄叫びをあげて・・・

オットト・・・・・・・

ドスン・・・   フォーカスされていました(笑)

ぽちさん ありがとうございました