髭じじーの山便り!
     三 本 栃 が ・・・・ (恐羅漢山〜旧羅漢山〜三本栃)
     三 本 栃 が ・・・・ (恐羅漢山〜旧羅漢山〜三本栃)

広島県旧戸河内町&島根県旧匹見町
   2012年 8月 19日

あれれ・・・  三本栃が  なんて事だ・・・・  二本になっている

ロンドンオリンピックが終わった ついついテレビを見て寝不足だ
女子マラソンの時 思い出した事が
前回の北京大会の女子マラソン 丁度その時 ジョシのキビレへ ラジオの中継を気にしながら出発した
あれから4年 ジョシのキビレへは足を踏み入れてない   行ってみようかなぁー・・・

そんな単純は理由でジョシのキビレへ行く事にしました(笑)
この前は広見谷から出発だったが 今回は恐羅漢から出発しよう(長くなり無理かなぁー・・)

7時30分頃 恐羅漢山スキー場登山口着
あれれ・・・  何処かで見た事が有る方が準備中  のびへいさんでした

ここ迄作成して 2ヶ月経過・・・ 季節は秋に成りました

そろそろ山へ行けそうになり宿題を しかし記憶が??
写真を見て思い出しながらレポ作成です 

あれれ・・ のびへいさんだ!
おしゃべりしながら準備  8時20分頃にやっと出発

ゲレンデを登る  暑い・・・
のびへいさんの後を やっと付いて登る(汗。。。)

9:10 恐羅漢山へ

のびへいさんは 天杉山へ
クマさんに会われたようですよ(恐)

9:31 私は旧羅漢山へ

展望はイマイチ 深入山は雲の中です

9:51 旧羅漢山へ

ここへ来ると 何時もの展望岩へ
座り込むと動きたくなくなる(笑)
のんびりして・・
10:20 頃にやっと出発

予定していた ジョシノキビレは無理だなぁー

半四朗から広見山 そして ここ旧羅漢山へ歩いたのは 何時だったかな また 歩きたいな

カマのキビレ ここまでは登山道がはっきりしていた
しかし 最近は歩く人が少ないようで その先からは
踏み跡が怪しくなって来た

この輪は 記憶が有る 三本栃分岐の先に会った筈だ
しかし三本栃分岐は確認出来なかった 通過したようだ
この辺りは 踏み跡が消えていて 歩き易い所を歩いた

4年前の三本栃です

二本になった 三本栃

今年の5月の終わりに 昨年2月の三瓶でニアミスしたshyriderさんのヤマレコを見ていると 三本栃が2本に写っている
その事の説明の記載は無かったが どう見ても手前の一番大きな木が折れている
確かめに行こう・・・ と思っていた

やっぱり 残念だが 手前の一番大きな木が裂けたように折れて倒れていた
近付いて裂けた部分を見ると 木の中は空洞になっていて 今年の雪の重さに耐えれなかったのかも?
命ある物は 何時か寿命が来る だがやっぱり残念だ 

倒れた木の 空洞部分

倒れた木

三本栃の先の沢へ 時計を見ると 昼が近い
岩の上で昼食だ・・・
その時水面を見ると 「ゴギ」が一匹泳いでいる
だがその後はズウット見ていたが現れてくれなかった

その代わりに 「アメンボ」がいた
アメンボの動き いや歩きかな 観察するとなかなか面白い

アメンボ

光のイタズラ

帰りには 三本栃分岐が分かりました
登山道は 草に覆われていましたが

カマノキビレでは 横になり ウトウトお昼寝
このレポを作成していた2ヶ月後の10月14日 
この辺りで のびへいさんがクマさんと遭遇
コワー・・・ お昼寝する場所ではないですね  

旧羅漢山へ登り返す
07年2月 ここで初めてお会いした0さんの訃報が
レポを作成している時に入った
その後 何度も山スキーを一緒に楽しみました
御冥福をお祈り申し上げます   合掌

15:30  下山
のびへいさんは既に帰られていた

ジョシのキビレを越えて周回する予定だったが のんびり歩き&ゆっくり休息 予想通り途中断念になった
酷道488号線の島根県側が 通行止めらしいので 広見谷に入山する方が極端に少ないのか 島根県側は登山道が大変荒れていた もともと登山者の少ない所 踏み跡は消滅するかもしれませんね?
この山行から2ヶ月間 山は休み そろそろ復活しないと  雪便りが北から届き始めてますからね

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2012年へ
髭じじーの山便り!