髭じじーの山便り!
毛無山(比婆)山スキー 080220

広島県庄原市
2008年2月17日

毛無山(比婆山連峰)に 三原山の会の 月例山行で行ってきました
予定では笹尾根から立烏帽子山〜池の段〜御陵でしたが 大雪で途中敗退に成りそうなので変更

新雪が50cm位積っていて 辛いラッセル登山でした
皆さんは スノーシューやワカン 私だけ山スキーで・・・

皆さんの日頃の行いが良いようで 山頂付近だけは 青空が広がり 周りのパノラマも楽しめました

今回の雪は 冬型気圧配置の軽めの雪でしたが 新雪が深すぎて 緩斜面では全く滑らず・・・
しかし 急斜面の滑走は 巻き上げた雪煙を胸に受けながらの 深雪やや重パウダーでした!!

本物の雪国になっていました

雪降ろしをしないと・・
つぶれそう

6時 2台の車に分乗して三原出発
    途中から路面に積雪が  ゆっくり安全運転で・・ 県民の森が近づくと道路横にりっぱな雪壁が!

8時40分 広島県民の森に到着
    雪が激しく降っていたので 公園センター入口で出発準備

9時20分 出発
9時45分 出雲峠への林道から毛無山登山道入口で ワカン装着して出発
    公園センター入口で 山スキーの準備をされていた3人の若い人達が 出雲峠へ登って行かれた
    登山道には最初は昨日のトレース跡が残っていたが 直ぐに無くなる
    軽い雪だが深い 山スキーでも膝近くまで沈む

雪が強く降ったり 小雪になったり・・

今日はリーダー・・・
先頭で ラッセル・ラッセル・・・
登山道の傾斜では 
山スキーラッセルの方が楽ですよ

山荘からの登山道に合流すると
昨日のトレースの名残が
多くの方が歩かれたトレースが
昨夜からの雪で隠されぎみ

登山道はトレース無し
深い新雪だが まだ楽しいラッセル

昨日のトレースの跡

盆栽のような 大きなブナ

早朝出発
お腹が空いたので 行動食を

雪が降り続いて・・
身体が冷えないように
立ったまま食べる

11時20分 出雲峠へのトラバース道分岐

この先で 皆さんに深雪ラッセルを
先頭を交代しながら 体験してもらいました 

ガンバッテ・・・  ラッセル・ラッセル・・・

大変そう  腰上ラッセル

山頂が近づくと 雪が止み明るく・・・

青空も見えて来ました!

山頂の雪原へ
ブッシュが隠れて 滑りを期待して「ワァオー!」

正面が 池の段  予定ではここを通って・・・

御陵  ここまで登り 比婆山のブナ林ツリーランの予定でした

真っ白!!

雪煙の中 山頂へ・・・

12時20分 毛無山(1143.7m)登頂

記念撮影して 寒いので直ぐに下山へ


シールをはがし 滑りモードへ
しかし・しかし 雪が深くて重くて・・
真っ白い大斜面は 滑らない・・(涙・涙)

オマケに デジカメのレンズが曇って
ラクガキの写真が ボケ写真ばかりでした

滑らない・・・
ラクガキが 見えない・・

急斜面は 滑ります!!

深雪で 巻き上げた雪煙を胸に受けて・・
思わず 大声をはりあげて・・・
久しぶりの 深雪やや重パウダー!!

よく見えませんね・・(涙)

13時45分 下山
   雪山らしい 雪タップリの 雪の毛無山でした
   巻き上げた雪が 顔にまで当たる 深雪滑走は久しぶり  これが本当の山スキーですね!

   山の会の皆さん ありがとうございました!  楽しい雪山でした!

   帰途 いつもの庄原簡保さくら温泉へ
   足をモミモミしながら 雪景色を見ながら露天風呂を楽しみました

   入浴後ロビーに居ると 登山口で会った 3人の若者山スキーの方達も来られて
   「烏帽子山〜御陵へ・・ 雪が深くて滑らなかった・・」と言われていました
   やっぱり!  帰ってからHPを見ると 時々拝見している じいさん達でした

                                      過去の 毛無山 雪山レポです
                                          2005年12月25日
                                          2006年12月 3日
                                          2008年 1月 6日      

公園センターが見えて来ました

5時間の雪で 車は雪で覆われていました

髭じじーの山便り!
ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2008年へ