中島 真志 ホームページ     Nakajiparkへようこそ 中島真志 麗澤大学 
siki no michi

 <主要コーナー>
 決済システムニュース
(Latest News)
 著書
(My Books)
論文
(Papers)
 
 略歴
(My Profile)
 エッセイ
(Essays)
 What'sNew
in the past
  (過去分)
   決済関係
リンク
(My Links)
 ジョーク
(Favorite Jokes)
 Masashi Nigaoe

Masashi Photo2
  麗澤大学の授業関連
(利用にはパスワードが必要です)
 企業金融論  金融論  経済学
基礎演習

 
 ゼミ3年  ゼミ4年

 <最近の活動状況>  


☆『アフター・ビットコイン』の書評が出ました(12月)


 日経ビジネスの最新号(12月4日号)に、『アフター・ビットコイン』の書評が掲載されました。

 成毛眞氏(日本マイクロソフトの元社長)によるものです。

 「ブロックチェーンを知るための最高峰だ」
 「2017年のビジネス書ベストに推したい」
 
  として、激賞して頂きました。 感謝!

 本文はココから。

 

☆NHKラジオに出演しました(2017年11月)

 NHKラジオの「マイあさラジオ」という番組の中の「著者からの手紙」のコーナーに出演しました。

 NHKのアナウンサーにいろいろ聞かれて、『アフター・ビットコイン』について話しました。

 放送は、11月19日(日) 6:40〜6:55です。

 

☆日経ラジオに出演しました(2017年11月)

 日経ラジオの「本の雑談」に出演しました。

 編集者と一緒に、新著『アフター・ビットコイン』について語りました。

 第1回:11月1日(水)11:15〜11:50

 第2回:11月8日(水)11:15〜11:50

 

☆アマゾンのランキングで2位になりました(2017年11月)

 『アフター・ビットコイン』が、 アマゾンの「ビジネス・経済書200冊ランキング」で、堂々の第2位になりました。

 詳しくはココから。

 
 


 

(決済システムに関する最新のニュース:詳しくは決済システム・ニュースのコーナーで:ここからyajirusi
 ☆EUの6つのACHが欧州決済組合(ECC)を設立  
 ☆BISの決済システム委員会(CPSS)が名称を変更(2014年9月)    

☆T2Sへの移行計画が修正(2013年4月)

☆T2Sへの移行計画が明らかに(2012年12月)
☆欧州の23のCSDがT2S協定に調印(2012年7月)
 

 <主要著作>  
 
書 名  単著・共著
(発行年) 
ウェブサイト  表紙 
 





『アフター・ビットコイン』





 単著(2017年)  ウェブサイト  
 『決済システムのすべて』(第3版)  共著(2013年)  ウェブサイト  
 『証券決済システムのすべて』(第2版)  共著(2008年)  ウェブサイト  

『外為決済とCLS銀行』

 単著(2016年)  ウェブサイト  
 『SWIFTのすべて』  単著(2009年)  ウェブサイト  
 『Payment System Technologies and Functions』
   (決済システムのテクノロジーと機能)
 単著(2011年)  ウェブサイト  
 『金融読本』(第30版)  共著(2017年)  ウェブサイト  
『入門 企業金融論』  単著(2015年)  ウェブサイト  
 『Analyzing the Economics of Financial Market Infrastructures』
   (金融市場インフラの経済分析)



 共著(2015年)  ウェブサイト
 
<出版関連>

 
☆『アフター・ビットコイン』(新潮社)が出版されました(2017年10月)

 「ビットコインは終わった」「ブロックチェーンはこれから本番」という刺激的な帯がついています。
 ビットコインについては、美化された報道が多いのですが、本書では、あえて、ビットコインの影の部分についても、詳しく触れています。
 また、ブロックチェーンについては、金融分野における応用や、中央銀行による「デジタル通貨」の発行に向けた動きについて書いています。
 

 
『金融読本』(第30版)が出版されました(2017年3月)

 金融読本の改訂版です。
 初版(1950年出版)から、版を重ねること70年近くになっており、今回で、いよいよ記念すべき「第30版」です。

 発行部数は、累計で「43万部」になります。

 帯には、「金融テキストの定番中の定番」「本当に大切な基本を学ぶならこの1冊」と書かれています。

 日本の大学で、最も多く使われている金融論のテキストです。

 今後ともご愛用をお願いします。
 

 
『入門 企業金融論』が増刷されました(2017年2月)

 出版から2年で、ようやく2刷となりました。

 年間1,500人ほどの学生が、この本で企業金融について学んでいることになります。
 
 

 
『決済システムのすべて』(第3版)が増刷されました(2017年1月)

 これで4刷です。
 1,000部の増刷で、これで6,500部となります。
 全面改訂版の出版(2013年)から4年となりますが、この間、ちょうど年間1,000部のペースで増刷されています。

 愛読して頂いている方、どうも有難うございます。

 これで、「すべてシリーズ」などの専門書を合わせた累計の発行部数が5.3万部となりました。
 文芸のベストセラー(100万部とか)などに比べると、微々たる数字ですが、
 まあ、専門書としては、まずまずの数字かと思います。

 

 
 ☆『外為決済とCLS銀行』が出版されました(2016年2月)

 2月に、東洋経済新報社より、『外為決済とCLS銀行』が刊行されました。

 決済関係の書籍としては、@『決済システムのすべて』、A『証券決済システムのすべて』、B『SWIFTのすべて』に次いで、4冊目となります。

 今回のテーマは、「外為決済」です。
 外為決済には、「時差に伴う決済リスク」(「ヘルシュタット・リスク」といいます)がつきものです。

 このリスクをなくすために、設立されたのが「CLS銀行」であり、今や、世界のインターバンクの外為決済の80%を担っています。

 本書では、「外為取引」から「外為決済」の仕組みまでを解説したうえで、何故CLS銀行が設立されるに至ったのかについて解説しています。

 そのうえで、CLS銀行の機能や役割について、詳細に説明しています。

 腰オビには、「フロント・ミドル・バックの外為関係者、必読の1冊」となっています。
 

 
『SWIFTのすべて』が増刷になりました(2015年2月)

 これで、第6刷です。
 1,000部の増刷で、累計7,000部となります。

 引き続き、マーケット関係者にSWIFTへの関心を持って頂いていることはうれしいことです。

 米国NSAによるSWIFTのデータ・タッピング問題や、それに対するデータ・プロテクション問題などがあり、
また、SWIFTが新たに「サンクション・スクリーニング」や「KYCレジストリー」というコンプライアンス関連の
新しいサービスを始めたりということで、SWIFTには引き続き、注目が集まっているものと思われます。

  
 

 
『証券決済システムのすべて(第2版)』が増刷になりました(2015年12月)

 これで、第6刷です。
 1,000部の増刷で、累計9,000部となります。
 
 「専門書でこの数字はすごいですね!」と編集者が驚いています。

 国債の決済期間の短縮化(T+1化)が進められたりしているので、また関心が高まっているのかも
しれません。

 

 
FaceBookあります。

  中島真志FaceBook: https://www.facebook.com/nakajipark

 中島ゼミファンページ:      https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%82%BC%E3%83%9F%E9%BA%97%E6%BE%A4%E5%A4%A7/165499636878566?ref=ts
 
 

 
 
決済と決済システム
決済とは  「資金等の受渡しを行うことにより債権・債務関係を解消すること」です。より平易に言うと、「代金を支払って、取引関係を終了させること」であり、商品の売買などのあらゆる経済活動は、最終的に必ず決済を必要とします。
決済システムとは  銀行間の資金移動、決済を円滑に行う仕組みのことであり、中央銀行、金融機関などが中心となって決済システムを形成しています。決済システムは、資金を経済全体に安全かつ円滑に流していくという重要な役割を担っており、経済全体を支える社会的インフラです。
 

 
 <日本銀行における決済関連部局の推移>
1990年5月  日本銀行、決済システム課(信用機構室内)を新設 
 2005年7月  日本銀行、決済機構局を新設
 15年をかけて、決済システムを担当する「課」が「局」になった訳である。
 

 

このホームページで示されている意見・見解等はすべて筆者個人のものです。
Copyright(c) 中島真志、All Rights Reserved.

ご意見・ご感想は、nakajiparkアットマークmercury.ne.jp  まで。  コメントの送付はここから。 
          (アットマークを@に変えてください:迷惑メール防止策です)