髭じじーの山便り!
白山展望の山 赤兎山

福井県&石川県 県境
 2010年7月18日

白山展望の山 赤兎山へ Sさん御夫婦と一緒に(カミさんは登山口で留守番)登って来ました
昨年夏にも登りましたが展望はイマイチ 今回は素晴らしい天候に恵まれて 素晴らしいパノラマを楽しみました

17日 19:30頃 三原を出発
出発前に道路情報を確認した時には 何時もの宝塚辺りで渋滞していたが スムーズに通過
北陸道南条SAに 夜中の18日1時過ぎに着
今回は4人のなので カミさん達は車中仮眠 男性はSA内の遊歩道沿いの芝生にテントを張り仮眠

車の音でウトウト気味・・・ 夜が明けた5時頃目覚め 朝食を食べて 6時頃南条SA出発
登山口へ行く小原林道入口で 環境保護協力金(4人で1200円)を払い 小原登山口へ8:10頃着
花の季節だからか 多くの車が既に来られていた

8:30 準備をしてカミさんに見送られて3人で出発 

南条SAキャンプ場(笑)

小原登山口駐車場(下) 多くの車が・・ 
ナンバーを見るとほとんど地元 我々が一番遠かった

ピーカン!

8:30 登山口出発

9:15〜35 小原峠

美味しい水を飲んでイップク

小原峠から 白山側の三ツ谷へのルートを見に行くと   オォー! 白山が見える!
雪渓の残っている右が 最高峰の白山御前峰 左が大汝峰です

急登を登っていると・・・・

杖が無い 小原峠に忘れたようだ・・・
「先に行って」と言って 引き返す
座ってバナナを食べた所に杖が有った
再び急登へ・・・汗・汗・汗・・・
大舟山分岐手前で追い付く (ハー フー・・・)

10:14 赤兎山(1628、7m)山頂

素晴らしい! 360度の展望台です

大長山

次々に登山者が 人気の山ですね

杖を取りに引き返し フウフウ言いながら登っていた時 追い抜いて行った若い女の子が 山頂で親を待っていた
女の子が 「ここが山頂でしょう? みんな写真を撮ってあっちに行く なんで??」
「この先の 赤兎平の花を見に みんな行っているんだよ」と言うと  「ふうん・・・」  楽しい会話でした!

10:31 我々も お花畑を期待して 赤兎平へ

白山を眺めながら 赤兎平へ

次々に ササユリ

目的の ニッコウキスゲだ
だが あまり咲いて無い お花畑のはずだが??

避難小屋の先からは
昨年夏歩いた 石徹白から三ノ峰へのルートが見える
三ノ峰をズームすると 避難小屋も確認出来た
”横になると寝てしまう・・・・”思い出しました(笑)

HP開設直後の 南龍ケ馬場〜別山〜チブリ尾根
そして
お昼寝白山山スキー・・・・

どれも睡魔と闘った(笑) 
山行を思い出しました

赤兎避難小屋に近付くと 木道も有ります

池塘  綺麗ですよ

ニッコウキスゲ一輪

イワイチョウ

10:51〜11:30 赤兎避難小屋

途中でニッコウキスゲを撮影していた時会った方から
「避難小屋の先の方が ニッコウキスゲが多いはずですよ」
と聞いていたので 期待して小屋の先に行ってみた
お花畑はキョロキョロ・・・  無いなぁー

一昨年7月 白山釈迦岳で見た お花畑を期待していたのに
マウスを上へどうぞ ニッコウキスゲのお花畑です

避難小屋の下で昼食を食べていると
横を通って草原の踏み跡の中へ
しばらくして帰って来られて
「ニッコウキスゲが咲いてましたよ」

これは行かないと・・・
20輪位のニッコウキスゲが咲いている
バックには別山&三ノ峰も見える
ちょっぴり ささやかなお花畑でした!

11:30 避難小屋から下山へ
とは言っても 登りです(汗)

ササユリを眺めながら

11:48〜58 赤兎山山頂を通過して

のんびり ゆっくり歩き 小原峠へ
全員一致で 大長山はパス
滝の美味しい水を飲み

13:13 下山

花はイマイチでしたが 展望は最高!
涼しいそよ風が吹いていて それほど暑くなくて
素晴らしい赤兎山でした

これからどうする・・・・    
先ずは温泉へ  小原林道でもらった100円割引券の勝山市の水芭蕉温泉へ
今日のお湯は 何時もより熱かった 休憩室の畳の上でウトウト・・・

計画では 今夜は伊吹山へ  まだ時間はタップリ
一昨年 取立山の帰りに寄った 佐々木小次郎ゆかりの一乗滝の事を話すと 「行ってみよう・・・」 

佐々木小次郎が 「燕返し」あみだした
一乗滝です
暑い時期だからか 家族づれが多く来られていて
子供たちは 水遊びをしていました

手前の 一乗谷朝倉氏遺跡を散歩して
福井ICから北陸道へ

道路情報で 関ヶ原トンネルで事故
そこを先頭に 名神上り線渋滞10数キロ
道路地図を見て 北陸道長浜ICで下りて下道へ

広大な濃尾平野の夜景を眺めながら
伊吹山ドライブウェーを登る

濃尾平野の夜景  伊吹山ドライブウェーより

翌日(19日) 伊吹山へ

ホームへ   掲示板へ   足跡へ   2010年へ
髭じじーの山便り!